エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除...  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2013/09/21(Sat) 00:17 No.179   HomePage

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2013-09-08/2013-09-08b.html
9/8の駆除大会は生憎午前中は前線通過により激しい雨天となりましたがそれでも多数の参加者(150名(新規参加:122名)東京、千葉、富山、滋賀、京都、大阪、奈良、
兵庫より)があり25.2kgの外来魚を駆除する事ができました。ご参加、ご協力して下さった皆様、ありがとうございました。

続きまして本年度最終の駆除大会開始のお知らせです。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2013-10-13/2013-10-13a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日:2013年10月13日(日)・・・雨天決行
時間:10:00〜15:00
※随時参加・随時解散といたします

受付:滋賀県草津市津田江1北湖岸緑地 ※旧志那中湖岸緑地
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/tsudae/tsudae.html

この青色のテントが目印です。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2013-04-21/photo/tento.jpg

交通:
■車の場合
瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し、琵琶湖博物館の手前約1kmに湖岸緑地パーキング有り。
■公共交通機関の場合
JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。

※団体で参加される場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

駆除方法:エサ釣り
持ち物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/photo/sikake.gif

昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)


お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。

主催:琵琶湖を戻す会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報 ZXA00545@nifty.ne.jp

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html


「eco japan cup & REVIVE JAPAN CUP」2013ツインコン...  投稿者: eco japan cup 投稿日:2013/09/20(Fri) 21:50 No.178   HomePage

2006年より官民連携協働事業として行われてきた“エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト”『eco japan cup』。7年間に培われてきた『eco japan cup』の官民連携・民間支 援、専門家有志のネットワーク、実績ある様々なコンテンツを生かし、今年度、復興庁と連携協働し、スピーディ且つ質 の高い支援で早期復興を実現するための連携支援プラットフォームとして『リバイブ●ジャパン官民連携推進協議会』の創設に協力し、多様な主体の参加を促すと伴に、被災地内外 の情報を有機的に繋げ、連携協働での事業発展を応援します。志を集めて、オールジャパン体制で“新しい東北”を実現し、日本を元気にする!ことを目指して、エコジャパンコミュニティは復興庁と官民連携協働し『REVIVE JAPAN CUP』2013を開催しております。

http://www.eco-japan-cup.com/

●応募受付 2013年8月21日〜2013年9月30日...

●賞の概要

★☆★☆  eco japan cup2013  ★☆★☆

 ○ビジネス部門
  ■環境ビジネス・ベンチャーオープン
   大賞300万円/敢闘賞100万円

 ○カルチャー部門
  ■エコデザイン ■エココミュニケーション 
  ■エコアート  ■エコミュージック
   グランプリ100万円/準グランプリ50万円

 ○ライフスタイル部門
  ■エコチャレンジ!
   エコチャレンジ!大賞30万円/エコチャレンジ!賞10万円
  ■みんなで創る”エコまちづくり”
   エコまちづくり大賞30万円/奨励賞10万円
 

○ポリシー部門
  ■環境ニューディール政策提言
   グリーン・ニューディール優秀提言 表彰状
   サステナビリティ優秀提言 表彰状

★☆★☆  REVIVE JAPAN CUP2013  ★☆★☆

 REVIVE JAPAN CUPの魅力は、アフターフォローがしっかしている事です。
 技術連携、商品・製品開発、販売促進、支援者の紹介などの事業マッチング
 に向けた支援を行います。

 ○ビジネス部門
  ■復興ビジネス・ベンチャーオープン
   大賞/敢闘など 表彰状、アフターフォロー

 ○カルチャー部門
  ■デザイン ■コミュニケーション 
  ■アート  ■ミュージック
   グランプリ/準グランプリなど 表彰状、アフターフォロー

 ○ライフスタイル部門
  ■復興チャレンジ!
   復興チャレンジ!/復興エコチャレンジ!賞など 表彰状、アフターフォロー
  ■みんなで創る「新しい東北」まちづくり
   復興まちづくり大賞3/奨励賞など 表彰状、アフターフォロー

 ○ポリシー部門
  ■「新しい東北」復興政策提言
   復興政策優秀提言 表彰状

 
★☆★☆ パートナー・コンテストのご紹介 ★☆★☆
  ■東急グループ賞 賞金10万円×5団体

  ■被災地に緑が戻る日を願って
   〜Present Tree for REVIVE JAPAN〜賞 支援金 10万円

●お問い合わせ先

運営事務局:エコジャパンコミュニティLLP
TEL:03-5888-9139 E-mail:ejc@eco-japan-cup.com



全国巡回写真展「笑顔を君に」in半蔵門  投稿者: 市民国際プラザ 投稿日:2013/09/12(Thu) 10:52 No.177   HomePage

市民国際プラザの展示スペースにて、認定NPO法人日本雲南聯誼協会 全国巡回写真展「笑顔を君に」in半蔵門を開催中です!!


ラオス・ミャンマー・ベトナムと国境を接する中国最南端の雲南省には、25の少数民族が暮らしています。その暮らしは、私達がイメージする中国大都市の目覚ましい経済発展とは無縁のもの。子どもたちの多くが、経済的理由や伝統的観念が理由で、高校進学はもとより小学校にすら通うことができません。
日本雲南聯誼協会は13年にわたりここ雲南省で教育支援・交流活動を行なっています。小学校建設から始まった活動も、今は少数民族女子生徒の高校での学びを支援する活動、日本語を学ぶ大学生への人材育成等多岐にわたります。
今回の写真展では貧困に屈せず強く生きる子どもたちの姿、活動を通して出会ったとびきりの笑顔の写真や生まれて初めてインスタントカメラを手にした子どもたちが、自身の目線で撮影した興味深い写真も展示しています。中国少数民族地域の教育の現状を、多くの皆さまに知って頂ければと思います。ぜひご来場ください!

【日時】:9月3日(火)〜27日(金) (土、日、祝日はお休み)10:00〜18:00 
【主催】:認定NPO法人 日本雲南聯誼協会
【後援】:財団法人自治体国際化協会
【場所】:財団法人自治体国際化協会 市民国際プラザ  http://www.plaza-clair.jp/
【入場】:無料
【問合せ先】:認定NPO法人 日本雲南聯誼協会
       電話:03-5206-5260 メール:yunnan@jyfa.org 担当:蔦、滝澤


セミナー「世界を変えるトイレ・イノベーション」参加...  投稿者: 日本水フォーラム 投稿日:2013/09/04(Wed) 15:58 No.176   HomePage

日本水フォーラムは開発途上国の衛生問題の改善に向け、「世界を変えるトイレプロジェクト(仮称)」を立ち上げました。今回は、その第一弾企画として、トイレ普及における革新的な取組に焦点を当てたセミナーを開催します。先ごろ国連で認められた「世界トイレの日(11月19日)」の提唱者でもある、世界トイレ機関のジャック・シム氏や、画期的なトイレの開発を支援しているビル&メリンダ・ゲイツ財団のカール・ヘンスマン氏という、この分野での第一人者らをお招きし、参加者の皆様と一緒に、トイレの問題にいかに取り組んでいくべきかについて考えていきたいと思います。
また、本セミナーは、本プロジェクトの第二弾企画「GOODプロジェクト募集〜世界のすべての人にトイレのあるくらしを〜」(衛生施設普及のための取組みを募集・選考・表彰する企画。100万円、30万円の副賞あり。)の説明会も兼ねており、募集要項等についてご説明いたします。
本セミナーは、トイレ・衛生分野でご活躍される企業・団体の方々や、衛生問題に関心のある方々のための交流の場としたいと考えており、セミナー後には交流会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

≪1. 開催概要≫
【目的】
・途上国の衛生問題解決に向けた取り組みの促進
・日本の衛生関連プロジェクトの実施者に新たな刺激を与えること
【主な対象】
・トイレ等の衛生施設普及や、衛生啓発活動等に取り組む日本の企業、
 NGO・NPO、社会企業家等
・社会的な課題の解決や国際協力に関心のある方(学生含む)
【開催日時】
平成25年9月20日(金)10:00〜12:10
(交流会:12:30〜13:30)
【主催】特定非営利活動法人 日本水フォーラム
【会場】アジア開発銀行研究所 会議室
〒100-6008 東京都千代田区 霞ヶ関3-2-5霞ヶ関ビル8 階
(霞が関ビルアクセス:http://www.kasumigaseki36.com/access/
【定員】80名
【言語】日英同時通訳
【参加費】・セミナー参加費:無料・交流会参加費:1,500円(予定)
【参加申込み】参加申込用紙に必要事項を記入し、平成25年9月16日
(月)までに、E-mail (2013symposium@waterforum.jp) 、
 FAX (03-5645-8041)、または郵送にて、お申込みください。
【申込用紙】
» Word版(185KB)http://www.waterforum.jp/jp/what_we_do/pages/transmitting_japanese/2013/sanitation/doc/application.doc

» PDF版(371KB) http://www.waterforum.jp/jp/what_we_do/pages/transmitting_japanese/2013/sanitation/doc/application.pdf

【お問合せ・お申込み先】
特定非営利活動法人日本水フォーラム
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町5-4 アライズ第2ビル6階
TEL: 03-5645-8040 FAX: 03-5645-8041
E-mail: 2013symposium@waterforum.jp
担当: 浅井、横山

≪2.プログラム(予定)≫
10:00〜10:10
 開会挨拶 特定非営利活動法人 日本水フォーラム 
10:10〜10:40
 基調講演1「世界トイレの日とトイレ普及の新しい形(仮)」
 世界トイレ機関創設者 ジャック・シム氏
10:40〜11:10
 基調講演2「革新的トイレコンテストを通じたトイレ・イノベーション(仮)」
 ビル&メリンダ・ゲイツ財団 カール・ヘンスマン氏
 ※ビデオ会議システムを通じて生出演予定
11:10〜11:40
 Q&Aセッション 「トイレで世界を変えるには?」
11:40〜12:10
 今後の「世界を変えるトイレプロジェクト(仮称)」のご案内
 特定非営利活動法人 日本水フォーラム
12:30〜13:30
 交流会

※世界トイレ機関 ジャックシム氏
シンガポールに本拠を構える「世界トイレ機関(WTO)」の創設者。革新的な発想とアプローチで、トイレに関するタブーを打破し、衛生問題に取り組む。この分野で世界を牽引するリーダーの一人であり、国際的な評価も高い。通称「The Toilet Man」。「世界トイレサミット」などのアドボカシー活動や「世界トイレ大学」での人材育成に取り組む世界トイレ機関は、近年では、「SaniShop」という、途上国におけるトイレ普及のための革新的な社会起業家フランチャイズモデルを開発・展開し、カンボジア、ベトナム、インド、南アフリカで成功を収めている。また、同機関が提唱していた「世界トイレの日」(11月19日)は、今年、国連総会において正式に承認された。

※ビル&メリンダ財団
ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、マイクロソフトの創始者、ビル・ゲイツと妻メリンダによって2000年に創設された団体。地球上の全ての人々が健康で生産的な生活を送るために、テクノロジーの革新と市場の発展を促進する数々のプロジェクトを行っている。その活動の1つとして世界の健康・衛生向上のために新しいトイレを創ることを目的として2011年にスタートした'Reinvent the Toilet Challenge'は、世界中のエンジニアからアイディアを募集し、革新的なプロジェクトを支援してきた。 
(過去の支援プロジェクト例)
・太陽光を用いて排泄物から水素や肥料を生成する、カリフォルニア工科大学の「solar power toilet」(支援額$100,000)
・水・エネルギーを用いず排泄物を処理・資源化を可能とする、イギリスのクランフィールド大学の、「Nano Membrane Toilet」(支援額$800,000)
※本セミナー中に、'Reinvent the Toilet Challenge'の紹介ムービーを上映予定

※このシンポジウムは、一般財団法人地球産業文化研究所の愛・地球博成果継承発展助成事業により実施しています。


琵琶湖外来魚駆除大会  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2013/08/03(Sat) 18:07 No.175   HomePage


http://homepage2.nifty.com/mugituku/2013-09-08/2013-09-08a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日:2013年9月8日(日) ・・・ 雨天決行
時間:10:00〜15:00
※随時参加・随時解散といたします

受付:滋賀県草津市津田江1北湖岸緑地※旧志那中湖岸緑地
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/tsudae/tsudae.html
この青色のテントが目印です。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2013-04-21/photo/tento.jpg

交通:■車の場合
 瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し、
 琵琶湖博物館の手前約1kmに湖岸緑地パーキング有り。
■公共交通機関の場合
 JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
 終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。


参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
※団体で参加される場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

駆除方法:エサ釣り
持ち物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/photo/sikake.gif

昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)
お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。
 
主催:琵琶湖を戻す会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報 ZXA00545@nifty.ne.jp

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html


第12回 聞き書き甲子園  投稿者: 共存の森ネットワーク 投稿日:2013/07/31(Wed) 16:12 No.174   HomePage

聞き書き甲子園
こんにちは。
共存の森ネットワーク、損保ジャパン環境財団CSOラーニング生の中野智仁と申します。

今年の夏は暑いですね〜
しかし、こちらも熱い!! 今年もやります!「第12回聞き書き甲子園」!!
「聞き書き甲子園」ってなに??という方も多いと思います。
実は僕も初めて「聞き書き甲子園」は知りませんでしたが…
先日研修会に参加させていただきとても魅力のあるものだと感じました。

「聞き書き甲子園」とは・・・???
毎年全国から100名の高校生が参加するイベントです。
高校生は造林手、炭焼き職人、木地師、漁師、海女さんなど・・・の様々な森・海・川の“名人”を訪れ「聞き書き」と呼ばれる手法で取材する取り組みです!!!
高校生が集まり、現状の環境を知り、知識を広げてもらいます!

「聞き書き」とは・・・
名人からのお話しをICレコーダーですべて録音し、一字一句全て書き起こし、その後文章にまとめるという手段です。
名人に話をお聞きすることにより、その名人が持っている技術にとどまらず、自然とともに生きる知恵、ひいては、働くこととは?生きることとは?といった深いテーマも名人から学ぶことができます。

今年度の「聞き書き甲子園」は8月11日に都民ホールで開会式を行います!
マップ→http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2009/09/22j9s102.htm

この都民ホールで行われる開会式には「聞き書き」作家の塩野米松さんと、130万部を超すベストセラー『聞く力』の著者・阿川佐和子さんが対談してくれる予定です。
聞き書き甲子園を紹介するVTRも上映します。
これは一般の方にも公開予定なので是非、足を運んでください!

詳しくはこちら↓↓↓をご覧ください。
聞き書き甲子園HP→http://www.foxfire-japan.com/
第12回「聞き書き甲子園」 開会式 観覧者募集!!!!

>>>【詳細】<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

1.開催日:8月11日(土)
2.時 間:14時00分〜16時20分( 開場13時30分)

2.場 所: 都庁・都民ホール(都議会議事堂1階)
 
3.プログラム:
   オリエンテーション(VTRを用いた聞き書き甲子園の紹介)
   「対談:インタビューのおもしろさ」
 『聞き書き』の作家塩野米松さん
×
130万部を超すベストセラー作家『聞く力』阿川佐和子さん

4.定 員:100名  
開会式当日、13時30分から都庁都民ホール入口において先着順にて受付し、定員となり次第締切となります。

5.参加費:無料

6. お申込み・お問い合わせ先
  〒156−0051 東京都世田谷区宮坂3−10−9 経堂フコク生命ビル3階
  NPO法人共存の森ネットワーク
  聞き書き甲子園実行委員会事務局
  TEL:03ー6432ー6580  FAX:03ー6432ー6590
  E-mail: info☆foxfire-japan.com (☆を@にしてお送りください)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


7/23(火)-24(水)ISAP2013 第5回持続可能なアジア...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2013/06/28(Fri) 13:08 No.173   HomePage

今年5回目を迎える持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2013)のテーマは、「持続可能な未来への道を拓く グリーン経済−アジア太平洋地域の視点」です。

現在、「グリーン経済」の実現に向けて進められている、持続可能性の考え方を重視した企業活動の進展、低炭素型発展に向けた研究者ネットワークの構築、地方自治体による低炭素都市づくりの推進等の具体的な取り組みに焦点を当て、グリーン経済の実現に向けた課題と克服に必要な知識や行動等について、様々なステークホルダーの視点から議論し、持続可能な発展への道筋に向けたメッセージを発信します。

●ISAP2013詳細ページはこちらから
http://www.iges.or.jp/isap/2013/jp/

【主な登壇予定者】
- ロン・ベニオフ/低排出開発戦略グローバルパートナーシップ共同議長
- レイモンド・ブレイシュヴィッツ/ブッパタール気候・環境・エネルギー研究所 物質フローと資源管理研究部部長
- ビンドゥ・N・ロハニ/アジア開発銀行(ADB)副総裁
- ラジェンドラ・K・パチャウリ/気候変動に関する政府間パネル(IPCC)議長
- 桜井正光/株式会社リコー特別顧問
- 武内和彦/国連大学上級副学長
- 植田和弘/京都大学大学院経済学研究科長・教授
- アブドゥル・ハミド・ザクリ/マレーシア首相科学顧問 他


【日時】2013年7月23日(火)9:30〜18:00/7月24日(水)10:00〜17:30
【会場】パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい)
http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html
【主催】公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)、国連大学高等研究所(UNU-IAS)
【参加費】無料 (※ランチセッション軽食代500円)
【使用言語】日本語・英語(同時通訳付)
【お申込み】http://www.iges.or.jp/isap/2013/jp/registration.html
【申込締切】2013年7月17日(水)(※要事前申込)
【お問い合わせ】ISAP事務局
TEL: 03-3524-3134 FAX: 03-3524-3135
Email: isap2013@simulconf.jp

※当日は一部会場にてインターネットによる動画配信を予定しております。  


●同時開催イベント
・2013年7月22日-23日低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)第5回年次会合(両日とも英語のみ)
http://www.lcs-rnet.org/jp/meetings/2013/07/lcs-rnet5.html
・2013年7月24日-25日低炭素アジア研究ネットワーク(LoCARNet)第2回年次会合(24日通訳付き、25日は英語のみ)
http://www.lcs-rnet.org/jp/meetings/2013/07/locarnet2.html


みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩3分
JR線・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩12分

300名(各日)


URLにアクセスの上、オンラインフォームよりお申込みください。
事前申し込み制
ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
事前申し込み制となっておりますので、2013年7月17日(水)までにオンラインフォームよりお申込みください。


平成25年度 第1回 自治体とNGO/NPOの連携推進セミナ...  投稿者: 市民国際プラザ 投稿日:2013/06/18(Tue) 11:10 No.172   HomePage

「自治体とNGO/NPOの連携推進セミナー」は、国際協力・多文化共生に関する活動での自治体とNGO/NPOの連携について、講演やワークショップ、事例発表などを通じて学んでいくセミナーです。
今年度最初となる今回のセミナーでは、「自治体とNGO/NPOの連携することで得られるメリット」をテーマに、国際協力や多文化共生分野での先進的な連携事例を紹介し、今後の自治体とNGO/NPOの連携・協働のあり方について考えます。
「なぜ連携するのか?」「連携することで生まれる効果とは」など関心のある方、今後の自治体とNGO/NPOの連携・協働のあり方について一緒に考えてみませんか?

■日時: 平成25年7月11日(木)14:00−17:30
     <※18:00〜交流会あり(会費実費)>
■会場: (財)自治体国際化協会 大会議室
     (東京都千代田区麹町1−7相互半蔵門ビル1階)
      ※東京メトロ半蔵門線1・2番出口 徒歩3分
■参加費:無料
■主催:(財)自治体国際化協会 市民国際プラザ
■協力:(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)

※お申込方法等、詳細はHPをご覧ください。
http://www.plaza-clair.jp/plaza/event130711.html


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -