エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


ESD-J全国ミーティング in 岡山  投稿者: ESD-J事務局 投稿日:2013/04/30(Tue) 14:16 No.168   HomePage

【参加者募集】ESD-J全国ミーティング2013 in 岡山
「未来へつなぐ」を現場で学ぶ
〜2014年のESDユネスコ世界会議と2015年以降のESDの推進に向けて〜

■日時
 2013年6月15日(土)13:00〜    受付&ポスターセッション
              14:00〜18:00 全体会
      6月16日(日)9:30〜     分科会(各会場)
              13:30〜16:00 全体会

今年のESD-J全国ミーティングは、国内でもっともESDが盛り上がっている場所のひとつ、岡山市で開催します。
ESD-Jが現在力を入れている「ESDの視点を持ったコーディネーター育成とそのネットワークづくり」がテーマです。
岡山市は2005年に、学校や市民団体、企業、行政など、立場や分野の違う人たちが集まりESD を推進する「岡山ESDプロジェクト」を立ち上げました。市内に37 ある公民館を地域のESD 推進拠点と位置づけ、それぞれの地域でESD を進めています。
今回は、これらの公民館の活動をコーディネートしている「つなぐ人」や、全国各地のキーパーソンとともに、それぞれのテーマごとにESDコーディネーターの果たす役割やコーディネートのコツなどについて、参加者のみなさんとともに学びあっていきたいと考えています。また、全国ミーティングの前後では、岡山市主催のエクスカーションが企画されています。
この機会に、ESDの最先端岡山市の取り組みに触れ、「未来へつなぐ人」への第一歩を踏み出してみませんか?

くわしくはこちら。
http://www.esd-j.org/j/topics/topics.php?itemid=3326&catid=89


環境・CSRセミナー 「JANIC活動紹介 〜企業と世界を...  投稿者: 国際協力NGOセンター 投稿日:2013/04/10(Wed) 14:12 No.167   HomePage

【タイトル】
環境・CSRセミナー 「JANIC活動紹介 〜企業と世界を結ぶ国際協力NGO〜」

【内容】
JANICの企業協力会員である三菱商事のCSRステーション「MC FOREST」では、
昨年9月のオープン以降、環境や社会貢献活動に取り組むNGO/NPOと協働した
イベントやセミナー、ワークショップなどが多数開催されています。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/mcforest/information/

JANICは、このMC Forestにて「環境・CSRセミナー JANIC活動紹介
〜企業と世界を結ぶ国際協力NGO〜」を開催します。
事務局次長の富野が、JANICの活動や日本の国際協力NGOの現状や課題、
また東日本大震災以降、ますますニーズが高まる企業とNGOの連携による
社会課題解決についてもお話します。

国際協力に関心がある、特に企業とNGOの連携を知りたい方におすすめです。
お仕事帰りの社会人のみなさん、ぜひご参加ください。

【日時】 2013年4月25日(木)18:45〜20:00(受付:18:15〜)
【会場】 MC FOREST (JR東京メトロ丸の内線 東京駅より徒歩3分)
      http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/mcforest/information/
【定員】 40名  ※お申し込みが定員を超えた場合は抽選になります。
【講師】 富野 岳士(JANIC事務局次長)
【参加費】 無料
【関連ページ】http://www.janic.org/event/425csr.php
【申込方法】 以下の申込フォームからお申し込みください。(※必須)
         https://krs.bz/toktprf/m?f=148
【申込〆切】 4月22日(月)

【問合せ先】 (特活)国際協力NGOセンター(JANIC)
渉外グループ 担当
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5F
E-mail:program@janic.org TEL:03-5292-2911 FAX:03-5292-2912


【募集】 グリーン・リーダーズ大学@京都 第1期受...  投稿者: エコロ・ジャパン 投稿日:2013/04/03(Wed) 11:42 No.166   HomePage

Green Leaders’ University (GLU) Kyoto 2013

持続可能な社会のための「グリーン・リーダーズ」大学@京都 2013


開催趣旨

このたび国際シンクタンク機関エコシア・インターナショナ
ルの主催により、国際舞台に通用する、持続可能な社会への
シフトを担う次世代のグリーン・リーダーを育てるための本
格的な大学形式の「集中型スクール講座」を、京都で開講し
ます。
「エコロジー」「サステナビリティ」「社会正義」の観点か
ら、当該分野の第一線で活躍し、豊富な実績を有する各分野
の一流講師陣によるセミナー&ワークショップが連続で実施
されます。
 環境・経済・社会のトリプルボトムラインを思想や世界観
の問題から掘り下げ、実践や政策論議までに論及する、通常
の大学のカリキュラムでは味わえない、貴重な3か月講座で
す。将来国際社会での活躍を目指されている方、持続可能な
社会の実現に意欲や関心のある方の積極的な参加をお待ちし
ています。

■詳しくは、GLU専用サイトをご覧ください。
  http://in-2013.webnode.jp/


◆開催要領

日時:2013年5月11日(土)〜7月27日(土)の
毎週土(日)曜日 全12回※

午前 10:00 より 午後 5:00 まで (毎回)

※全日程参加以外に半期(6回)参加、変則日程での参加等
 のオプション参加も可能です。

定員:30名限定(先着順、ジェンダーバランスを考慮します)

参加資格: 40歳までの男女(高校生以上〜社会人)で、
持続可能な社会へのシフトを切望し、社会貢献に意欲や関心
のある方。(経歴・資格などは不問)

参加費: 有料 (詳細は専用ページを参照)
会場: 京都府中小企業会館 会議室ほか
主催: エコシア総合研究所/エコシア・インターナショナ
    ル日本事務局 (事務局長:今本秀爾) 


◆開講科目(すべて必修)

■基礎講義科目:グリーンの思想と哲学/グリーン経済の
        展開/緑の政治と政策/持続可能な経済 


■応用演習科目: 

【環境分野講座】気候変動/森林生態系保護/自然エネルギ
        ーシフト/環境と開発/生物多様性/予防
        原則と有害化学物質 ほか

【社会分野講座】グローバリゼーションと貧困/参加民主主
        義と地域自治/ジェンダー&性の多様性/
        非暴力と平和政策/グローバリゼーション
        と水資源/子どもの人権問題 ほか

※以上の他に購読演習、実習(ワークショップ)、
 発表報告(プレゼンテーション)があります。
※全課程履修参加者には「グリーンリーダーズ大学・
 ゼメスター修了証書」を授与します。


■応募要領

以下の申し込み専用フォーマットにアクセスし、必要事項を
記入して送信してください。
http://form1.fc2.com/form/?id=839484
折り返し、事務局担当者よりメールで詳細を回答いたします。

◆応募締め切り: 2013年4月末日

◆お問い合わせ・詳細は エコシア総合研究所 事務局まで
            ecoxia.international@gmail.com



以上


琵琶湖外来魚駆除大会(本年度初回)  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2013/03/24(Sun) 14:49 No.165   HomePage

琵琶湖を戻す会です。
本年度外来魚駆除大会開始ののご案内です。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2013-04-21/2013-04-21a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日:2013年4月21日(日) ・・・ 雨天決行
時間:10:00〜15:00
※随時参加・随時解散といたします

受付:草津市津田江1北湖岸緑地 ※旧志那中湖岸緑地
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/tsudae/tsudae.html

交通:■車の場合
瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し、
琵琶湖博物館の手前約1kmに湖岸緑地パーキング有り。
■公共交通機関の場合
JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
※団体で参加される場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。
 
駆除方法:エサ釣り
持ち物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/photo/sikake.gif



昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)
お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。

主催:琵琶湖を戻す会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。
※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。


このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/index.asp

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで


琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html


環境関連セミナーの受付アシスタント募集@京都  投稿者: エコロ・ジャパン 投稿日:2013/03/23(Sat) 00:05 No.164   HomePage

こちらは関西地域に活動拠点を置くシンクタンク
 「エコシア総合研究所」(エコシア総研)と申します。
 http://ecoxia-international-japan.blogspot.jp/
 当研究所では、5月連休明けより毎週末、京都にて
 環境&サステナビリティ関連の連続セミナー講座を
 開講します。
 そこで同セミナー講座の受付、資料配布、準備など
 の簡単な事務をフォローしていただけるアシスタント
 の方(女性1名/日)を募集します。


 期間: 2013年5月11日(土)〜7月27日(土)
     の期間中の毎週土曜または日曜日
     (上記のうち、一部の日程でも担当可能)※

 時間帯: AM9:00〜PM5:00 まで
         (休憩1時間、実働7時間)

 待遇:  時給1000円+交通費(1000円まで支給)

 場所:  京都市内のビル会議室(場所未定)※

 業務内容: 講座受付、資料配布、装置セッティング、
       
 募集対象: 大学生以上〜34歳以下の女性※
        (物品管理や記帳整理を任せられる方)

 ※備考: 1)大学生、大学院生も歓迎します。
      2)全日程勤務できない場合は、一部の日程のみ
        でも担当可能ですので、都合のよい日程を
        申請ください。他のアルバイターとの調整後、
        担当日を決定します。
        (詳しい日程については追ってお知らせします)
      3)環境問題や貧困・社会問題をテーマとした
        セミナーですので、関連分野に関心のある
        方を優先的に採用させていただきます。
      4)京都市内および近隣都市在住の方を優先いたします。 
        (京都から電車で片道1時間以内程度の範囲) 
      5)勤務場所(セミナー実施場所)については、
        勤務日によって異なる場合があります。
        (いずれも京都市内になります) 

 応募要領: 学歴・職歴、簡単な自己紹介を記した履歴書
       (様式任意、写真はデータでOK)
       をデータでメールに添付していただき、
       件名に「セミナー助手応募の件」と表記のうえ
       エコシア総合研究所事務局メール:
       ecoxia.internaitonal@gmail.com
       あてにお送りください。
       追って事務局より返信させていただきます。
       (京都において面接、その後採用となります) 

 応募締切日: 2013年4月15日(月曜日)

 お問い合わせ/主催: エコシア総合研究所(担当 イマモト)
        ecoxia.international@gmail.com
 
 以上


<シンポジウム> 環境税制・予算の現状と今後の展望 ...  投稿者: JACSES 投稿日:2013/03/12(Tue) 12:14 No.163   HomePage

I.背景・目標
政府は、1月29日に、平成25年度税制改正大綱および平成25年度予算案を閣議決定した。それらの中に、環境関連予算や租税特別措置等の取組みも組み込まれている(省エネ・再生可能エネルギー推進やエコカー減税等)。昨年10月1日には、地球温暖化対策のための環境税が施行された。その税収は2012年度に約400億円、2016年度には約2,600億円となる見込みで、さらに、政府は、循環型社会構築や生物多様性保全等の観点も含めた税制のグリーン化の検討も進めている。

事業者・生活者・NGOは、環境関連予算/租税特別措置等の支援制度の積極的活用や、環境税への適切な対応により、環境保全に貢献するビジネスやライフスタイル・活動を進めつつ、コスト削減や事業・活動拡大に結びつけることができる。

しかし、環境税や支援制度は複雑・多岐に渡り、多くの省庁が関与しているため、その全体像・今後の方向性を的確に把握することは難しい。また、環境関連予算/租税特別措置等や環境税も、効果を高めるために、今後さらなる改善が必要と考えられる。

そこで、以下の目的のために、本シンポジウムを開催する。

○気候変動対策予算・環境税/税制グリーン化等の最新動向に関する理解を支援し、各セクターの的確な対応・提言・報道等を促進する。
○特に、事業者・生活者・NGOによる現制度の効果的活用をサポートする。
○今後の税財政措置を展望しつつ、事業者・生活者・NGO・研究者・メディア・政策担当者等の取組み・連携を強化。さらなる制度改善・効果的制度推進に貢献する。

II.日時
2013年3月27日(水)18:15〜21:15

III.場所
ベルサール神保町 Room A+B
http://www.bellesalle.co.jp/bs_jimbocho/access.html
 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館2・3F
 <交通アクセス>
 「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
 「九段下駅」5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)
 「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)

IV.対象
・政府予算/租税特別措置等の活用や、環境税/税制グリーン化に備える必要を感じている事業者
・ライフスタイル転換や政策の最新動向に関心を有する生活者
・政府の税財政活用の検討や、政策提言活動を行うNGO関係者
・環境政策に関する調査研究を行っている研究者/学生
・環境政策や事業者・生活者の取組み等に関する報道を行っているメディア関係者
・環境・気候変動政策の構築・実施を行う政策担当者       等

V.主催等
主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金

VI.プログラム(以下、敬称略)

「プログラム説明」

第1部.現状・到達点・最新動向

1−1.気候変動対策予算/租税特別措置

「気候変動対策予算の全体像、環境省気候変動対策予算/租税特別措置の最新動向(仮題)」
神谷洋一(環境省地球環境局地球温暖化対策課調整官)

「経済産業省気候変動対策予算/租税特別措置の最新動向(仮題)」
森川純(経済産業省産業技術環境局環境政策課環境経済室課長補佐)

「農林水産分野の主な地球温暖化対策関連予算(仮題)」
松下英之(農林水産省大臣官房環境政策課課長補佐)

「国土交通省気候変動対策予算/租税特別措置の最新動向(仮題)」
乾有貴(国土交通省総合政策局環境政策課課長補佐)

質疑応答

1−2.環境税と税制グリーン化

「環境税・税制グリーン化の全体像・最新動向(仮題)」
井上雄祐(環境省総合環境政策局環境経済課課長補佐)

質疑応答

◇休憩◇

第2部.意見交換

○論点案
・気候変動対策予算/租税特別措置のあり方・効果的活用
・環境税・税制グリーン化のあり方・対応策
・制度改善のための取組み・アイデア(政策担当者・事業者・生活者・NGO等が個々にあるいは連携して行える活動等)

○パネリスト
諸富徹(京都大学大学院経済学研究科・経済学部教授)
講演者

○司会
足立治郎(JACSES事務局長)

VII.参加費
 1,000円(JACSESサポーター:500円、賛助会員無料)

VIII.お申し込み
 「2013年3月27日税財政シンポジウム参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html)から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX.お問い合わせ・お申込み
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
担当:衛藤
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328
Email:jacses@jacses.org


第11回聞き書き甲子園フォーラム  投稿者: 共存の森ネットワーク 投稿日:2013/03/07(Thu) 14:40 No.162   HomePage

「第11回聞き書き甲子園フォーラム」2013年3月30日開催!
今年はインドネシアの高校生も「聞き書き」体験を発表します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「聞き書き甲子園」とは、毎年全国の100人の高校生が自然と共に生きてきた
森や海、川の名人を訪ね、その知恵や技、生き様を取材し、「聞き書き」
というレポートにまとめる取り組みです。
この体験を通して、自然と人のつながりについて学び、自らの将来について
高校生に考えてもらっています。

この1年間に及ぶ取り組みの成果を発表するフォーラムを
3月30日(日)江戸東京博物館ホール(東京都墨田区)で開催します!

今年は長崎県・壱岐の海女さん、長野県で伝統的な作り方を守る木桶職人、
水車技術を駆使して線香づくりに専念する福岡の名人をお招きし、取材を
した高校生と共に「聞き書き」体験談をお話し頂きます。

そして、今年から始まったインドネシアでの「聞き書き」!ですが、この
海外で初の「聞き書き」に参加したインドネシア・ボゴール農科大学附属
コルニタ高校の学生6人も来日し、インドネシアの名人に取材した体験談を
発表します。

自然と共に暮らしてきた日本の名人、インドネシアの名人。そして、名人に
出会い、その生き様、考え方に触れた高校生。それぞれ「聞き書き」を通して
何を感じたか……。

当日は作家の浜田久美子さんの講演や、名人の写真展なども行います。

春まっ盛りの土曜日の午後、一緒に名人と高校生の声に耳を傾けて、
自然と人が共存する暮らしに想いを馳せてみませんか?

【フォーラムが楽しみになる参考ウェブページ】
長崎・壱岐の海女さん http://www.chie-project.jp/001/no15.html
株式会社 桶数 http://okekazu.jp/okekazu/shop-message/

「第11回聞き書き甲子園フォーラム」
■日時:2013年3月30日(土)13:00-16:40  開場12:10
■会場:東京都江戸東京博物館ホール(JR総武線両国駅西口徒歩3分
    大江戸線両国駅A4出口徒歩1分)
■定員:400名(無料)先着順。定員に達しない場合は、当日会場でも受け付けます。
■プログラム:
13:00 開会 主催者挨拶 
13:20 「森の名手・名人」「海・川の名人」認定書の授与
    修了証書の授与
13:35 基調講演「森と名人と若者が持つ可能性」 浜田久美子氏(作家)
14:15 休憩
14:30 優秀作品賞・優秀写真賞の授与
14:40 名人と高校生の「聞き書き」体験談(インタビュー)
    インタビュアー:塩野米松氏(作家)× 宮崎真友子(聞き書き甲子園8期生)

☆登壇者
名人:伊藤今朝雄名人(長野県・木桶製造業)×
高校生:牛山時和さん(長野県木曽清峰高等学校1年)

名人:馬場猛名人(福岡県・線香づくり)×
高校生:M田千愛さん(熊本県立東稜高等学校2年)

名人:片穂野八代子名人(長崎県・海女)×
高校生:黒木結生さん(福岡県・クラーク記念国際高等学校3年)

15:40 世界に広がる「Kikigaki」〜インドネシアの活動紹介〜
    映像上映×ボゴール農科大学附属コルニタ高校の生徒による活動発表

16:30 閉会挨拶
    聞き書き甲子園実行委員長 澁澤寿一

16:40 終了

■主催:聞き書き甲子園実行委員会
(農林水産省、文部科学省、環境省、(公社)国土緑化推進機構、
(社)全国漁港漁場協会、全国内水面漁業協同組合連合会、
(特)共存の森ネットワーク)

■お申込み方法:「フォーラム申込み」と明記の上、氏名、住所、電話、
Eメール、所属、何を見て応募されたかをご記入の上、FAX、Eメール、電話で
下記宛にお申し込みください。

■参加申込締切:2013年3月28日(金)

■お申し込み・お問合せ先:
NPO法人共存の森ネットワーク(聞き書き甲子園実行委員会事務局) 担当:森山
〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-10-9 経堂フコク生命ビル3階
TEL.03-6432-6580 FAX.03-6432-6590 E-mail: mori@kyouzon.org


<シンポジウム>「共通だが差異ある責任」の原則と持...  投稿者: JACSES 投稿日:2013/03/04(Mon) 16:37 No.161   HomePage

I. 背景/目標

国連持続可能な開発会議(リオ+20)や気候変動枠組み条約の交渉では、各国の資金拠出や排出量削減目標を決める際に、「共通だが差異ある責任」の原則が大きな論点となることが多い。

「共通だが差異ある責任」の原則は、1992年に地球サミットで採択されたリオ宣言で定められたもので、「各国は、地球の生態系の健全性及び完全性を、保全、保護及び修復するグローバル・パートナーシップの精神に則り、協力しなければならない。地球環境の悪化への異なった寄与という観点から、各国は共通のしかし差異のある責任を有する。先進諸国は、彼等の社会が地球環境へかけている圧力及び彼等の支配している技術及び財源の観点から、持続可能な開発の国際的な追及において有している義務を認識する。」と規定されている。

しかし、その後、新興国の台頭や先進国財政の悪化などがあり、原則の定義や運用について再検討を求める声がある。

そこで、第一線の政策担当者・研究者等をお招きして、以下の目的のために、本シンポジウムを開催する。
○「共通だが差異ある責任」の原則に関する歴史的経緯や国際交渉の現状への理解を促進する。
○今後の持続可能な開発のための資金拠出のあり方に関して、各セクターの理解向上をはかる。

II. 日時

2013年3月19日(火)18:30〜21:00

III. 会場

ベルサール神保町 3階 Room 5
http://www.bellesalle.co.jp/bs_jimbocho/access.html
 〒101-0065
 東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館2・3F
 Tel: 03-3263-9621
 <交通アクセス>
 「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
 「九段下駅」5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)
 「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)

IV. 対象

事業者・研究者・NGO関係者・政策担当者・メディア・市民等

V.主催等

主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金

VI. プログラム(以下、敬称略)

◆プログラム説明

◆報告
「共通だが差異ある責任の原則と持続可能な開発のための資金に関する経緯と国際交渉の現状(仮題)」
杉中淳(外務省国際協力局地球環境課長)

「共通だが差異ある責任の原則と環境国際協力に関する現状と課題(仮題)」
塚本直也(環境省地球環境局国際連携課長)

「共通だが差異ある責任の原則と持続可能な開発のための資金拠出のあり方(仮題)」
明日香壽川・東北大学教授/(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
気候変動グループ・ディレクター

◆質疑応答

◇休憩◇

◆意見交換
○論点(案)
・「共通だが差異ある責任」の原則及び持続可能な開発のための資金拠出のあり方
○パネリスト
ご講演者他

VII. 参加費

1,000円(JACSESサポーター500円、賛助会員無料)

[. お申し込み

「2013年3月19日シンポジウム参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html )から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX. お問い合わせ・お申込み

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
担当:牛膓
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -