エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


秋のオリエンテーション  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2011/11/02(Wed) 22:49 No.110   HomePage

【転送歓迎・重複失礼】
================================
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
秋のオリエンテーション開催

 社会を変えるメンバー大募集!
 〜 一人が動く。社会は変わる。 〜

 2011年11月27日(日)13:30〜16:00@エコギャラリー新宿

 >> お申し込みはコチラ
 http://www.aseed.org/recruitment/form.html

================================

「社会を変えたい」
「問題意識を形にしたい」
という想いはあるのに
活動する場所や仲間がいない。

A SEED JAPANは
ホンキで社会を変えたい人が集まっています。
そして、そういった人材を求めています。
今回のオリエンテーションでは
ASJが目指している社会像と
メンバーそれぞれの熱い想いを伝えます。

A SEED JAPANで
あなたの「ホンキ」の想いを、
社会を変えるために「形」にしませんか?

―――――――――――――――――――――――
 < A SEED JAPANとは? >
―――――――――――――――――――――――
1992年のリオ地球サミットへ青年の声を届けるために
発足した「A SEED 国際キャンペーン」。
その日本の窓口として設立された国際青年環境NGOです。
A SEED JAPANは、環境問題に内在する社会的不公正の
解決を目指し、以下のことを踏まえて行動しています。

1.環境問題を経済や社会構造そのものから見据えること
2.青年の立場から環境問題をわかりやすく伝えること
3.長期的視野を持って社会を変えていくこと

>> 詳しい活動内容は広報文の最後へ

―――――――――――――――――――――――
 < こんな人をお待ちしています >
―――――――――――――――――――――――
・社会を変えたい人
・ホンキで共に動ける仲間が欲しい人
・社会への問題意識を形にしたい人

―――――――――――――――――――――――
 < 開催概要 >
―――――――――――――――――――――――
A SEED JAPAN 秋のオリエンテーション
■日時:2011年11月27日(日) 13:30-16:00(13:00開場)
■場所:エコギャラリー新宿(新宿中央公園内)
http://www.shinjuku-ecocenter.jp/facilities/access.html
(都営大江戸線都庁前駅A5出口より徒歩5分)
■参加費:500円(資料代等) / 先着40名まで

< 参加したら分かること >
・社会・環境問題と”わたし”のつながり
・A SEED JAPAN流 「社会の変え方」
・ホンキで活動する若者のホンネ

< 交流会 >
終了後に活動中のメンバーとじっくり話せる
交流会を設けております。是非ご参加ください。
■日時:2011年11月27日(日)17:00-19:00(途中退出可能)
■場所:A SEED JAPAN事務所(終了後、みんなで移動します)
■交流会参加費:500円

―――――――――――――――――――――――
 < お申し込み方法 >
―――――――――――――――――――――――
お申し込みはコチラ
>> オリエンテーション参加お申し込みフォーム
http://www.aseed.org/recruitment/form.html

■締切:11月23日(水)12:00

※交流会に参加希望の方は、
その他の項目に「交流会参加希望」とご記入ください。

※申し込みの際にご提供いただいた個人情報は
 厳重に管理し、ご参加いただくイベントに関する
 情報提供のみに利用させていただきます。
 A SEED JAPANのプライバシーポリシーは
 ウェブサイト(http://aseed.org/privacy.html)
 ご参照ください。

―――――――――――――――――――――――
 < A SEED JAPANの活動 >
―――――――――――――――――――――――
A SEED JAPANでは
チーム・プロジェクトが主体となり活動しています。

■ごみゼロナビケーション http://www.gomizero.org/
ごみを切り口に来場者参加型のイベントを実現し
「参加型社会」を目指し活動するイベント環境対策プロジェクト
 ※ごみゼロナビゲーションに特化したオリエンテーションも行っています。
  11/9(水)19:00〜21:00、11/26(土)14:00〜16:00
  詳細はこちら→http://www.gomizero.org/topics/orientation/index.html

■エコ貯金プロジェクト http://www.aseed.org/ecocho/
お金の流れをエコにすることを目指しています。
金融機関を選ぶ際に、利便性・安定性以外にも、
社会性を加えたエコ貯金を啓発するなどしています。

■メディアCSRプロジェクト http://www.aseed.org/mediaCSR/
民放テレビ各局に対して、情報発信者としてのCSRを求めています。
※CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)

■水源WATCH!プロジェクト http://www.aseed.org/asj_water/
私たちが普段何気なく利用している、
ボトルウォーターや水道水がどこから来るのか。
その水源を守るためのしくみ作りや市民啓発をしていきます。

■ケータイゴリラチーム http://keitai-gorilla.org/
私たちが毎日使う携帯電話によって、
遠く離れたアフリカのゴリラが傷ついています。
その問題に関する普及啓発と、
使用済み携帯電話回収によって得たリサイクル収益をゴリラの保護にあてています。

■エシカルメタルプロジェクト http://www.ethical-keitai.net/
私たちが身近に使っている家電製品や携帯電話に利用されている
希少金属が採掘される過程をエシカル(道徳的に)にします。

■STOP水銀輸出プロジェクト http://www.aseed.org/mercury/
海外での第二の水俣病を起こさせないために、
日本からの水銀輸出がなくなることを目指して、政策提言をしていきます。

■その他
2012年6月ブラジルにて開催予定のリオ+20に向けた活動や
森林に関する活動もあります。詳しくはオリエンテーションで!

―――――――――――――――――――――――
 <お問い合わせ>
―――――――――――――――――――――――
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:中川・堀内)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
Tel:03-5366-7484   Fax:03-3341-6030
E-mail:info@aseed.org
URL:http://www.aseed.org/
―――――――――――――――――――――――


第七回「外来魚情報交換会」  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2011/10/28(Fri) 23:04 No.109   HomePage

琵琶湖を戻す会です。

第七回「外来魚情報交換会」のご案内をさせて頂きます。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2012/exchange12a.html

開催日:2012年1月28日(土),29日(日)
受 付:(28日)12:00〜13:00
(29日) 9:00〜9:30 ← ※9:00以前に建物に入ることは出来ませんのでご注意下さい!!
開 催 時 間:(28日)13:00〜17:30
(29日)9:30〜12:00 ※時間帯は発表数によって変更する場合があります。

会場:草津市立まちづくりセンター(JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m)
滋賀県草津市西大路町9-6 3階301会議室
周辺地図はこちら
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/kusatsu/kusatsu.gif

テーマ:外来魚防除に関する様々な情報の交換と相互交流
目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚の防除に関する様々な情報を持ち寄って発
表し、お互いの情報を交換することによって外来魚防除に対する意識と知識を高め、お
互いの連携を深めることを目的とする。

内 容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者
も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、
漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状
、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞
き手を同じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに
参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えて
いる。

プログラム:28日(土)
12:00〜12:55 受 付
12:55〜13:00 開 会
13:00〜17:30 発 表
18:30〜 懇親会

29日(日)
9:00〜 9:30 受 付
9:30〜12:00 発 表
12:00 閉 会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主 催:琵琶湖を戻す会
共 催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後 援:滋 賀 県 (予定)

定 員:外来魚情報交換会:先着100名
参加費
(全て希望者のみ):外来魚情報交換会: 無 料(資料代:500円)
懇 親 会:4000円(予定)
参加資格:なし
参加申込み:事前申し込み必要 → 詳しくはこちら
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2012/exchange12a.html#bosyu

下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。
参加者名:
ふりがな:
所属 :※あればで結構です
連絡先 :(住 所)
(電 話)
(メール)
情報交換会:両日とも参加 ・ 28日のみ参加 ・ 29日のみ参加
発表:発表する ・ 発表しない
※発表する場合のテーマ「 」
懇親会:参加する ・ 参加しない

◆発表者募集は12月20日で締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆参加者は会場の都合により先着100名で締め切らせていただきます。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

申し込み/問合せ先:琵琶湖を戻す会 事務局(masahiko.takada@nifty.ne.jp(代表)或いはZXA00545@nifty.ne.jp(広報)もしくは 090-8527-3752(琵琶湖を戻す会 事務局) )迄

ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第七回「外来魚情報交換会」 案内&参加申込用紙
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2012/photo/exchange2012a.pdf
ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2011-09-11/2011-09-11a.html


グリーンエコノミーのためのエコ貯金ワークショップ i...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2011/10/25(Tue) 00:21 No.108   HomePage

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

グリーンエコノミーのためのエコ貯金ワークショップ
in 大阪

 〜金融機関を“社会性”の視点から選ぶということ〜

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 「 エコ貯金 って知ってる?」
 『なにそれ?初めて聞いたよ。』

 「金融機関を選ぶときに“社会性”
の視点を持って選ぶことらしいよ!」
 『へぇ〜そうなんだ。』

 『でもさ、金融機関の“社会性”
って何のこと?』
 「・・・。」

 『ATMでいつでもおろせて、
  つぶれる心配さえなければ、
  金融機関なんてどこでも同じじゃない?』
 「・・・。」


 ----- エコ貯金 という言葉は知っていても、
 その意味や、実際にどうやって社会性の視点から
 金融機関を選べばよいのかわからない。

そんな「?」をすっきり解消してしまう、
 エコ貯金ワークショップを開催します!

 今回は、ワークショップに加えてワールドカフェも実施!
 日常生活でもすぐに実践できて、いつでも役立つ
 エコ貯金!!

 ライフスタイルだけでなく預貯金も、
 環境にやさしくしてみませんか?

■■開催概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【日時】 2011年11月19日(土)14:00開場 17:00閉会(予定)

【会場】 大阪NPOプラザ 会議室 F(3階)
     http://www.onp.or.jp/contact/index.html

<会場までの行き方>
 ●阪神電鉄本線野田駅・JR東西線海老江駅・
  地下鉄千日前線野田阪神駅から約800m
 ●JR環状線野田駅・地下鉄千日前線玉川駅から約600m
 ●大阪駅から大阪市営バス59番北港ヨットハーバー行き、
  吉野停留所下車、約30m
 ●阪神電鉄本線野田駅・JR東西線海老江駅・
  地下鉄千日前線野田阪神駅から、大阪市営バス59番
  北港ヨットハーバー行き、59A番酉島車庫前行き、
  「赤バス」、吉野停留所下車、約30m

【プログラム(予定)】

13:30 開場
14:00 開会

・エコ貯金についての講義、質疑応答
  〜休憩〜
・グループワーク
「金融機関についてエコ貯金の視点で調べてみよう!」
  〜休憩〜
・ワールドカフェ
「調べた金融機関の情報を共有しよう!」
・グループワーク
「もしもおカネを預け替えるなら?お金の預け先を選んでみよう!」

17:00 閉会


【参加費】 ASJ会員/学生 500円
      ASJ非会員   1000円

【お申込み】下記URLにアクセスし、必要事項をご記入ください。
      http://bit.ly/nWqtNY

 ※今回ご提供いただく個人情報は、 A SEED JAPANが主催する
  各種イベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に
  使用させていただく場合があります。
  取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、
  事務局までお問い合わせください。

 ※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。
   http://www.aseed.org/privacy.html


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【連絡先】
 国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:梅本・岸田)
 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
 TEL  03-5366-7484 FAX  03-3341-6030
 E-mail info@aseed.org

【主催団体紹介】
 国際青年環境NGO A SEED JAPANとは…
 地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!
 という想いから始まった国際青年環境NGO。
 大量生産・大量消費・大量廃棄のパターンの変更と、
 南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、
 未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

このワークショップは独立行政法人 環境再生保全機構・地球環境基金
の助成を受けて開催いたします。


「聞き書き甲子園」10周年記念シンポジウム  投稿者: 共存の森ネットワーク 投稿日:2011/10/21(Fri) 16:10 No.107   HomePage

森や川、海の名人の知恵や、ものの見方をヒントに次の100年を描きます
11月19日(土) パナソニックセンター東京(国際展示場前)

 NPO法人共存の森ネットワークは、2011年11月19日に「聞き書き甲子園」
10周年記念シンポジウム「未来へ向かって私たちからの提案〜人と自然、
人と人、その100年先を描くために」を開催します。
 2002年から始まり、今年で10周年を迎えた「聞き書き甲子園」とは、毎年全国の
高校生が「森」や「海・川」の名人100人を訪ね、一対一の対話を通じて、その知恵や
技術、ものの考え方や生き方を記録する活動です。名人たちは、自分の身体と知恵で、
自然の中で持続的に暮らしてきた人々です。そんな人々の生き方こそが、現在の先の
見えない希望を持てない時代に、未来への指針を示してくれると高校生は感じました。
 「聞き書き甲子園」に参加した高校生たちは900人以上となり、大学生や社会人へと
成長しています。同シンポジウムでは、それぞれが生きていこうとするフィールドの中で
「聞き書き甲子園」で受け取ってきたものをどのように実践していくか。これからの生き方、
社会の姿について、同世代の仲間、他分野で活躍する仲間とともに、未来への提言を
行います。

                記

1.日時: 2011年11月19日(土)  10:00 - 16:30
2.会場: パナソニックセンター東京 有明スタジオ A-STUDIO(東京・江東区)
  (りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩2分  ゆりかもめ「有明駅」下車徒歩3分)
3.参加費: 無料
4.定員: 250名
5.内容: 
午前の部:「聞き書き甲子園」のドキュメンタリー映画「森聞き」の上映

午後の部: パネルディスカッション「私たちの描く100年後の社会」 
パネラー: 
奥村広哉(NPO法人コモンビート)
神崎淑(NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部)
長谷川知広(NPO法人ビッグイシュー基金)
早水綾野(NPO法人ACE/グリーン・アクション)

コーディネーター: 
前川洋平(聞き書き甲子園2期生)

コメンテーター: 
澁澤寿一(NPO法人共存の森ネットワーク副理事長)
エバレット・ブラウン(執筆家・epa通信社日本支局長)

6.主催: NPO法人 共存の森ネットワーク
共催: 第10回 聞き書き甲子園実行委員会
助成: トヨタ環境活動助成プログラム
協力: 株式会社ファミリーマート他13団体

イベント参加方法
このイベントは事前申込が必要です。メールないしファックスにてお申し込みください。
申込〆切:2011年11月17日(木) ※参加費無料

「10周年記念イベント参加希望」を明記の上、氏名(ふりがな)、性別、
所属(会社名、学校名など)、電話番号、e-mailアドレス、案内を見た媒体名を
添えてお申込みください。

お申し込み&お問い合わせ
NPO法人共存の森ネットワーク事務局
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A
TEL:03-6450-9563  FAX:03-6450-9583
MAIL: mori@kyouzon.org
担当:芳川、森山


【「第2回”PR力”コンテストV-1 2011」開催します!...  投稿者: 日本財団学生ボランティアセンター 投稿日:2011/10/06(Thu) 23:45 No.106   HomePage

【「第2回”PR力”コンテストV-1 2011」開催します!】

ボランティア活動にとって大切なことはまず、ボランティアの現場でいい活動をすることです。

ですが、それだけでは足りません。

その活動をより多くの人に知ってもらい、共感を得て、支援の輪を広げていくことがとても大切です。



本コンテストは団体の「PR力」を30秒の映像で競い合うもので、昨年度第1回を開催しています。

今年は「V-1合宿」と「映像セミナー」を加えパワーアップ!

さらに関東と関西で開催します!

「V-1合宿」では、1泊2日の泊まり込みで団体の軸や活動のやりがいの見直しをしたり、効果的な映像の

構成方法を学んだりと、盛りだくさんな内容です!

「映像セミナー」では、基礎的な映像ソフトの使い方や編集方法、著作権についてなど映像に関する

基礎知識を学べます。



コンテスト参加にあたって、更なるPR力のスキルアップを目指す学生たち求む!



<関東>

開催日時:10月29日(土) 14:00〜17:40・11月19日(土) 14:00〜17:40

※両日とも同内容です。

場所:海洋船舶ビル(〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目15-16)

<関西>

開催日時:10月22日(土) 14:00〜17:40

場所:大阪府立大学会議室(〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1)



合宿詳細

<関東>

開催日時:10月15-16日(土・日) 12:30集合〜翌12:00解散予定

場所:宮本荘(〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留510)

<関西>

開催日時:10月8-9日(土・日) 12:30集合〜翌12:00解散予定

場所:グリーンビレッジ交野(〒576-0033 大阪府交野市私市9-4-5)



コンテスト参加のお申し込みは10/1からです!

ぜひ参加をお待ちしています!



コンテスト参加

【予選】

<関東>

開催日時:

(1) 11月12日(土) 15:00〜18:00

(2) 12月3日(土) 15:00〜18:00

場所:海洋船舶ビル(〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目15-16)

<関西>

開催日時:11月5日(土) 大阪府立大学 白鷺祭 15:00〜18:00

場所:大阪府立大学(〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1)



主催:Gakuvo(日本財団学生ボランティアセンター)

共催:大阪府立大学ボランティアセンター V-station



-------------------------------------------------

日本財団学生ボランティアセンター

外海 陽子 (Tonogai Yoko)



〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-11-2

Tel:03-6206-1529 Fax:03-6206-1530

E-mail:gakuvo.contest@gmail..com

日本財団学生ボランティアセンターHP

http://www.gakuvo.jp/

-------------------------------------------------


家庭の冬の節電に向けて 〜快適性にも配慮した節電・...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2011/10/03(Mon) 15:27 No.105   HomePage

2011年度IGES関西研究センターシンポジウム
家庭の冬の節電に向けて〜快適性にも配慮した節電・エコ対策〜
---------------------------------------------------
本シンポジウムでは、冬場の関西での電力需要・供給について
最新の情報を提供するとともに、家庭での省エネルギー化を
目指してIGESが開発した「うちエコ診断」や具体的な節電方法を
紹介しながら、家庭の冬の節電及び今後の省エネルギー対策に
ついて議論を深めます。

日時:2011年11月8日(火)13:30〜16:30
場所:よみうり神戸ホール(兵庫県神戸市中央区栄町通)
主催:IGES、兵庫県
定員:150名(事前申込要・参加無料・先着順)
申込締切:2011年11月1日(火)

お申込及び詳細はこちら:
http://www.iges.or.jp/jp/be/activity20111108.html


A SEED JAPAN水源WATCH!プロジェクト主催フォーラム...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2011/09/30(Fri) 09:52 No.104   HomePage

10月1日(土)18:30より ――――――――――――――――――――□■□■
A SEED JAPAN水源WATCH!プロジェクト主催フォーラム
「グリーン・エコノミー×水 〜“いのちの再生産”を実現するための水の利用と供給とは〜」
□■□■―――――――――――――――――――――――――――――――

限りある資源である“水”。

国連のデータによると、2025年に、例えば世界の人口が90億人になった場合、
世界の全人口の約2/3が水ストレスに直面するという予測がされています。

すべての生命体、生態系は水がなければ生きてゆくことができません。

いま世界では新しい経済の在り方が議論されています。
その1つ、UNEPの発行した「グリーン・エコノミー(*)レポート」の中では、
水利用効率の向上と水へのアクセスを確保するための投資の増加が提案されています。

一方、私たちは3.11の東日本大震災を経験し、いのちの大切さや新しい経済の在り方を実現する必要性を認識しました。

本フォーラムでは、世界に迫りくる水ストレスを緩和するために、
いのちの源である水の保全と管理を
「グリーン・エコノミー」を含む新しい経済の在り方
という視点から考えたいと思います。

※ここでいうグリーン・エコノミーとは
「環境に優しく、環境の向上をもたらす財・サービスを生産する部門へのマクロレベルでの投資
(グリーン投資)効果を示すこと/とくに貧しい人々の利益となるグリーン投資を、
いかに推進するべきかについて方針を立てること」と定義されます。(「UNEP Green Economy Initiative 」より)

□■□■――――――――――――――――――――――――――――――□■□■
☆開催概要☆
【日時】2011年10月1日(土) 18:00開場、18:30開始 20:30終了予定
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター
※ 場所の詳細に関しましては、お申し込みいただいた方に後日ご連絡致します。

【主催】国際青年環境NGO A SEED JAPAN 水源WATCH!プロジェクト
※ホームページはコチラ→www.aseed.org/asj_water/
【対象】・水問題に関心のある方
    ・水ビジネスに携わっている方
    ・水にかかわる市民活動をされている方 など
【アクセス】
小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
地下鉄千代田線代々木公園駅(C02出口)下車(代々木公園方面4番出口)徒歩約10分
※詳しくはコチラ→http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
【参加費】
A SEED JAPAN 会員 一律 500円
A SEED JAPAN 非会員 学生:700円 社会人:1000円

【参加申込み】
下記、「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。
http://www.aseed.org/asj_water/archives/465#1

※申し込み締切日:2011年9月30日(金) 18:00

【プログラム】
18:30~18:45 オープニング:グリーン・エコノミー×水
スピーカー: 草刈良允(A SEED JAPAN代表理事)
●第一部
キーノートスピーチ@
18:45~19:05 ~世界の水問題と迫りくる水ストレスの危機~
スピーカー:橋本淳司氏(アクアスフィア代表)

キーノートスピーチA
19:05~19:25 ~清潔な水アクセスと水道サービスの民営化~
スピーカー:TNI  岸本聡子氏
キーノートスピーチB
19:25~19:35 ~グリーン・エコノミーと水ビジネス~
David Boys (PSI) ※ビデオにてご出演いただく予定です。

休憩

●第二部 「“いのちの再生産”を実現するための水の利用と供給とは」
19:40~20:40
コーディネート:A SEED JAPAN 水源WATCH!プロジェクト
パネリスト:
<水利用>
・山梨県白州町ご在住の方(現在交渉中)
(山梨県白州町におけるボトルウォーターの取水事例)
・製品づくりにおける水利用の情報公開に取り組む企業担当者様(現在交渉中)
(企業と水のトレーサビリティ)
・A SEED JAPAN 水源WATCH!プロジェクト
(「各取水源における地下水取水」に関する公開質問状 結果発表)

<水供給>
・全水道労働組合 中川崇氏
(日本の水道管理と民営化)
・TNI 岸本聡子氏


グループワーク:
“いのちの再生産”を可能にする水利用と供給とは?

フロアディスカッション:
“いのちの再生産”を可能にする水利用と供給とは? 「提言」と「アクション」

20:40~20:45 クロージング

●ゲスト
橋本淳司氏
著述家、アクアスフィア代表、日本水フォーラム節水リーダー。
1967年群馬県館林市生まれ。1990年学習院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。
以降、各地の水問題を取材し、水を主たるテーマに執筆活動を行う。
また、国内の大学、高校、小中学校などで、水の大切さや世界各地の水事情を伝える
出前授業「Water Planet みずのがっこう」の副校長、独立行政法人国際協力機構の
中国・節水型社会構築プロジェクトにおける普及啓発の専門家なども務める。
主な著書に、『世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日』、
『水問題の重要性に気づいていない日本人「おいしい水の話」から「酸性雨の話」まで』(PHP研究所)、
『明日の水は大丈夫?バケツ1杯で考える「水」の授業』(技術評論社)、
『67億人の水「争奪」から「持続可能」へ』(日本経済新聞出版社)など。

中川崇氏:
現職:全水道東京水道労働組合水道部会常任委員、浄水委員会次長
1988年、東京都水道局入局、90年代に東水労青年女性部で役員を歴任、
労働運動における青年運動として反戦平和、人権問題、環境問題を取り組む。
1998年から全日本水道労働組合(全水道)青年女性部長を務める。
2003年より玉川浄水支部砧分会書記長、2005年より玉川浄水支部書記長
2010年10月より現職を務める。

岸本聡子氏:
現職:トランスナショナル研究所(TNI、オランダ)
環境NGO「A SEED JAPAN」を経て、2003年から現職。
水道事業の外国企業による私営化に対抗する市民の実践を
推進・支援するプロジェクト・コーディネーターを務める。
http://www.tni.org/

今回の勉強会についてご不明な点がございましたら、
件名を【水源WATCH!グリーンエコノミーフォーラム】として、
(asj.water.office@gmail.com)までご連絡ください(担当:眞島)。

※今回ご提供いただく個人情報は、 A SEED JAPANが主催する
各種イベント等に関する情報提供とそれらに付随する
諸対応に使用させていただく場合があります。
取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、
事務局までお問い合わせください。

※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。
http://bit.ly/jRTeAo

※本フォーラムは独立行政法人 環境再生保全機構・地球環境基金の助成を受けて
開催いたします。
(環境再生保全機構のホームページはコチラ→http://www.erca.go.jp/index.html)

□■□■―――――――――――――――――――――――――――□■□■
1人が動く。社会は変わる。
【国際青年環境NGO A SEED JAPAN とは】
地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから
始まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターン
の変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、
未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。
※ホームページはコチラ→http://www.aseed.org/

国際青年環境NGO A SEED JAPAN(事務局:岸田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL  03-5366-7484 FAX  03-3341-6030
E-mail:info@aseed.org
□■□■―――――――――――――――――――――――――――□■□■


琵琶湖外来魚駆除大会(本年度最終)  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2011/09/20(Tue) 12:56 No.103   HomePage

9月11日の駆除大会の結果は以下の通りでした。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2011-09-11/2011-09-11b.html
参加者:92名(新規参加:55名) 東京、千葉、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、福岡より参加
駆除重量:24.6kg(ブラックバス1.2kg・ブルーギル23.4kg)
参加、ご協力して下さった皆様、まことに有難うございました。

続きまして本年度最終の駆除大会のお知らせです。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2011-10-16/2011-10-16a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う
開催日:2011年10月16日(日)...雨天決行
時間:10:00〜15:00
※随時参加・随時解散といたします

受付:滋賀県草津市津田江1北湖岸緑地※旧志那中湖岸緑地
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/tsudae/tsudae.html
交通
■車の場合
 瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し、琵琶湖博物館の手前約1kmに湖岸緑地パーキング有り。
■公共交通機関の場合
 JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分 終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。

駆除方法 : エサ釣り
持ち物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/photo/sikake.gif

昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)
お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。

主催:琵琶湖を戻す会
協力
(順不同):守山漁業協同組合
滋賀県漁業協同組合連合青年会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

このイベントでは「 B Y ス タ ン プ ラ リ ー 」のスタンプを受け付けています 。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/index.asp

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2011-09-11/2011-09-11a.html


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -