エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


IPCC公開シンポジウム 地球温暖化防止行動を支える温...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2011/08/02(Tue) 11:41 No.100   HomePage

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)とIGESは、2011年8月22日に「IPCC公開シンポジウム:地球温暖化防止行動を支える温室効果ガス排出量の算定」を横浜にて開催いたします。

いま、世界中の国々が、地球温暖化を防ぐためのさまざまな対策・行動に取り組み、またこれから取り組もうとしています。効果的な対策・行動を考えて実施するためには、何よりもまず、温室効果ガスがどこからどれくらい排出されているのかを、なるべく正確に知る必要があります。世界各国は、いったいどのようにしてそれを計算しているのでしょうか?

各国の温室効果ガス排出量の算定方法についての国際的なルールづくりは、IPCCのインベントリタスクフォース(TFI)という国際的な科学者・技術者のネットワークにおいて進められています。

日本政府は1999年からIPCC TFI の活動を積極的に支援しており、IPCC TFIの事務局(技術支援ユニット)は日本の財団法人地球環境戦略研究機関(IGES:神奈川県葉山町)に設置されています。

本シンポジウムは、IPCC TFIの活動の概要と意義、またその成果に基づき各国がどのように温室効果ガス排出量を算定しているのか、などを広く皆様にご説明するために開催されます。

多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。


グリーンエコノミーのためのエコ貯金ワークショップ ...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2011/07/25(Mon) 21:08 No.99   HomePage





国際青年環境NGO A SEED JAPAN
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
  
グリーンエコノミーのためのエコ貯金ワークショップ
 〜金融機関を“社会性”の視点から選ぶということ〜

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 「“エコ貯金”って知ってる?」
 『なにそれ?初めて聞いたよ。』

 「金融機関を選ぶときに“社会性”の視点を
  持って選ぶことらしいよ!」
 『へぇ〜そうなんだ。』

 『でもさ、金融機関の“社会性”って何のこと?』
 「・・・。」

 『ATMでいつでもおろせて、つぶれる心配なければ、
  金融機関なんてどこでも同じじゃない?』
 「・・・。」

 -----“エコ貯金”という言葉の意味は知ってても、
 実際にどうやって金融機関を選べばよいのかわからない。
 そんな疑問を解消するワークショップを開催します!

 今回は、ワークショップに加えてワールドカフェも実施!
 日常生活でもすぐに実践できて、いつでも役立つ“エコ貯金”!!

 ライフスタイルだけでなく預貯金も、
 “環境にやさしく”してみませんか?
 
 
 
■■開催概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【日時】 2011年9月4日(日)14:00開場 17:00閉会(予定)

【会場】 JICA地球ひろば(セミナールーム303)
     http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

 <会場までの行き方>
  東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分
  ※駐車場はありませんので車でのご来場はご遠慮ください。

【プログラム(予定)】

13:30 開場
14:00 開会

・エコ貯金についての講義、質疑応答
  〜休憩〜
・グループワーク
「金融機関についてエコ貯金の視点で調べてみよう!」
  〜休憩〜
・ワールドカフェ
「調べた金融機関の情報を共有しよう!」
・グループワーク
「もしもおカネを預け替えるなら?お金の預け先を選んでみよう!」

17:00 閉会


【参加費】 ASJ会員/学生 500円
 ASJ非会員   1000円

【お申込み】下記URLにアクセスし、必要事項をご記入ください。
      http://bit.ly/j5mawF


 ※今回ご提供いただく個人情報は、 A SEED JAPANが主催する
  各種イベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に
  使用させていただく場合があります。
  取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、
  事務局までお問い合わせください。

 ※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。
  http://www.aseed.org/privacy.html


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【連絡先】
 国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:寺澤・岸田)
 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
 TEL  03-5366-7484 FAX  03-3341-6030
 E-mail info@aseed.org

【主催団体紹介】
 国際青年環境NGO A SEED JAPANとは…
 地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!
 という想いから始まった国際青年環境NGO。
 大量生産・大量消費・大量廃棄のパターンの変更と、
 南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、
 未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

このワークショップは独立行政法人 環境再生保全機構・地球環境基金
の助成を受けて開催いたします。


第3回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2011/07/04(Mon) 11:50 No.98   HomePage

2012年にリオデジャネイロで開催される国連持続可能な開発会議(Rio+20)
に向けて、「持続可能な開発」について国際社会の関心が高まりつつある中、
「東日本大震災の教訓〜Rio+20につなぐアジア太平洋からの新たな視点」を
テーマに掲げ、公開で発表・討議を行います。

1日目は、東日本大震災に焦点を当て、気候変動や自然災害の側面から、
政治的・社会的システムの回復力や今後の展望について検討を行います。
2日目は、Rio+20の主要なトピックとなる「持続可能な開発のためのガバナ
ンス」と「グリーン経済」について、アジア太平洋の視点から議論を行います。

日時:2011年7月26日(火)9:30〜17:30/7月27日(水)9:30〜18:00
場所:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい)
主催:IGES、国連大学高等研究所
参加費:無料
使用言語:日本語・英語(同時通訳付、一部会場は英語もしくは日本語のみ)
申込締切:2011年7月15日(金)(事前申込要)


RISING SUN ROCKFESTIVAL 2011 in EZO 環境対策活動Ea...  投稿者: ezorock 投稿日:2011/06/18(Sat) 11:11 No.97   HomePage

環境NGO ezorock RISING SUN ROCKFESTIVAL 2011 in EZO 環境対策活動Earth Careボランティア大募集!!
北海道最大の野外音楽フェスティバル「RISING SUN ROCKFESTIVAL in
EZO」の会場内で活動する環境対策活動ボランティアを募集しています!初参加でも大丈夫!充実した3日間にするために、一緒に活動しましょう!

■ボランティア活動概要
○募集コース
(1)全日程コース
8月12日(金)〜8月14日(日) 2泊3日 定員:140名
集合12日8:00/解散14日15:00
(2)週末コース
8月13日(土)〜8月14日(日) 1泊2日 定員:20名
集合13日8:00/解散14日15:00
※集合・解散は、地下鉄南北線麻生駅の予定です。
○活動場所:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横 野外特設ステージ
○活動内容:ごみの分別ナビゲート、オリジナルごみ袋の配布、エコアクションキャンペーンブースの運営、オーガニックじゃがいもの配布など

■ボランティア説明会
ボランティア参加者は説明会への参加が絶対条件です。いずれかの日に必ずご参加ください。
【北海道内在住者説明会】
(1)8月5日(金)18:30〜20:30
(2)8月6日(土)13:30〜15:30
会場:旧豊水小学校内 豊水会館 1F大会議室
(札幌市中央区南8条西2丁目5)
【北海道外在住者説明会】
(3)8月11日(木)18:30〜20:30
会場:環境NGO ezorock 1Fコミュニティースペース
(札幌市中央区南9条西3丁目1-7)

■申し込み締切日
北海道外在住者 7月1日(木)必着
北海道内在住者 7月22日(木)必着
※申込が多数の場合は募集期間に関わらず締め切る場合がございます。お早めにお申込みください。

■申し込み方法
下記、環境NGO ezorock WEBサイトよりお申込ください。
http://www.ezorock.org/earthcare/3360

■お問い合わせ
環境NGO ezorock(担当:田中、北)
064-0809 札幌市中央区南9条西3丁目1-7
TEL/FAX:011-562-0081
E-mail:info@ezorock.org
※@を半角にして下さい。

■環境対策活動風景動画
http://youtu.be/FO22WnzX1Zg
http://youtu.be/NsthP1GBpg8



A SEED JAPANエコ貯金プロジェクトオリエンテーション...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2011/06/14(Tue) 01:26 No.96   HomePage

A SEED JAPANエコ貯金プロジェクトの寺澤と申します。
この度国際青年環境NGO A SEED JAPANでは
6月26日(日) 13:00〜15:00に、 エコ貯金プロジェクトの
オリエンテーションを行います。
おカネの流れを、人に地球にやさしいものにするために、
私たちと一緒に活動するメンバーを募集します!
エコ貯金プロジェクトは、大学生・社会人が中心となり活躍しています。
また現在は比較的長期に関われそうな方の募集していますが、
月に2回程度、定期的に集まって気軽に参加できるようなチームですので、
勉強やお仕事で忙しい方でも参加可能です。
少しでも興味のある方は、ぜひふるってご参加ください。
【参加申し込み】
以下のフォームにご記入下さい。
http://bit.ly/hlIvH0

(重複失礼&転送歓迎)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
活動メンバー募集!
A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト
6月26日(日)オリエンテーション開催のお知らせ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
●A SEED JAPANエコ貯金プロジェクトとは●
私たちの生活からけっして切り離すことのできない「おカネ」。
そのおカネが時に巨大な力を持ち、姿かたちを変え、
私たちの暮らしを脅かす存在になっていることをご存知ですか?
遠い国で行われている戦争も、市民にとってはありがた迷惑な公共事業も、
社会に大きな不安をもたらしている原子力発電所も、実はぜんぶ、
私たちが銀行や郵便局に預けているおカネが元手となり行われています。
私たちはおカネを通してさまざまな社会問題と繋がっています。
最近では私たちの暮らしの中にも「エコ」な意識がずいぶんと浸透してきました。
外出先にはマイ箸を持ち歩く人、有機野菜を好んで食べる人、
フェアトレード商品を選ぶ人、ゴミの分別を心がける人etc、
少しでも環境に負荷のかからない生活の仕方を選ぶ人が増えています。
実は「エコ」とはほど遠いと思われがちな「おカネ」にも、
地球にやさしい使い方があるんです。
それが「エコ貯金」。
金融機関によっては、市民から預かったおカネの多くを、
環境破壊に繋がる事業にたくさん融資したり、
アメリカの軍事費を支えるために発行した国債を
たくさん買ったりしているところがあります。
その一方で、自分たちの地域を元気にしようとがんばっていたり、
市民の生活を応援し、より暮らしやすい街づくりに貢献している銀行もあるのです。
これまで何気ない理由で選んでいた金融機関に対し、
新たに「社会性」や「環境への取り組み」といった視点を加え、
自分の口座を選び直すことで、「社会」や「未来」への意思表示をしよう。
おカネの流れをクリーンにすることで、社会問題の根本的解決を目指していこう。
そんな想いを抱いたメンバーが集まり、エコ貯金プロジェクトの活動がはじまりました。
今回のオリエンテーションでは、エコ貯金プロジェクトの活動に
興味がある方のために、社会に対してアクションを起こすための
「きっかけ」と、踏み出すための「一歩」をご提案する、
そんな目的があります。
「そもそもエコ貯金ってなんだろう?」
「エコ貯金プロジェクトが目指す社会像は?」
「普段はどんな活動を行っているの?」
色々なハテナにお答えしながら、不安をモチベーションに変え、
「私もエコ貯金プロジェクトで活動したい!」という仲間を
一人でも多く迎えられたらと思います。
また、活動を展開していく中で、環境と金融に関する勉強会も
内部で多数開催していく予定です!
金融の知識がなくても、みんなと一緒に勉強してゆけるので、
ぜひお気軽に参加ください!
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
【参考】
○国際青年環境NGO A SEED JAPANについて
http://www.aseed.org/
○エコ貯金プロジェクトについて
http://www.aseed.org/ecocho/index.html
【開催概要】
日時:6月26日(日)13:00〜15:00
場所:A SEED JAPAN事務所
地図: http://www.aseed.org/recruitment/map.html
参加費:500円(資料代)
【当日の日程】
13:00  オリエン開始 エコ貯金プロジェクトの概要を説明
13:30 「ソーシャル・ファイナンスって何だろう?」ワークショップ
皆さんにエコ貯金をより良く知って頂くために、
簡単なワークショップを行う予定です。
14:30  まとめ、Q&A
15:00 終了
【参加申し込み】
以下のフォームにご記入下さい。
http://bit.ly/hlIvH0
【お問い合わせ】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN 事務局まで
(担当:丸山、岸田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
E-mail: info@aseed.org  TEL:03-5366-7484 FAX:03-3341-6030
※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。
http://www.aseed.org/privacy.html
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥


国際青年環境NGO A SEED JAPAN 事務局スタッフ募集の...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2011/05/12(Thu) 16:29 No.95   HomePage

◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆

国際青年環境NGO A SEED JAPAN

事務局スタッフ募集のお知らせ(6/2 締切)
(フルタイム/パートタイムスタッフ)

http://www.aseed.org/

◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆

国際青年環境NGO A SEED JAPANは青年の
視点から社会に対して行動を起こし、より社会的
かつ持続可能な社会への変革を目指すNGOです。

今回、A SEED JAPANは自ら事業を立ち上げる
ことも視野にいれてNGO運営に尽力する意欲の
ある新たな事務局スタッフ
(フルタイム/パートタイムスタッフ)を募集します。

10万人が来場する野外音楽ライブでの環境対策や
国際会議での政策提言など事務局業務だけでない、
活動の最前線に立った貴重な経験に関わることが
出来ます。

環境問題や社会的不公正の解決に向けて自ら活動
する意思を持つ、NGO就職・転職志望の社会人の方
からのご応募をお待ちしております。


◆◇募集◆◇−−−−−−−−−−−−−−

フルタイムスタッフ/パートタイムスタッフ
若干名

勤務期間:2011年7月〜

*開始時期は応相談

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆◇A SEED JAPANが求める人材◆◇−−−
・原則として20歳〜32歳までの方。
・最低4年間勤務可能な方。
・NGO活動を通じて社会を変革したい方。
・環境・社会問題に対して関心があり、A SEED
 JAPANの活動やミッションに共感できる方。
・強い成長意欲を持ち、行動力がある方。
・周りの仲間をリスペクトし、年齢・経験を
 問わずフラットに接することができ、
 他者に対して自分から積極的に
 コミュニケーションを取っていける方。
・ワード、エクセル、パワーポイントなど基本的な
 パソコン技能を持っている方。
・報告/連絡/相談など社会人としての基本的な
 マナーを持っている方。


◆◇待遇◆◇−−−−−−−−−−−−−−

<フルタイムスタッフ>
月給21万円〜
※試用期間(2カ月)あり

<パートタイムスタッフ>
※当会既定による

能力ならびに実績に応じて昇給あり/
週休2日・フレックス/交通費支給/労働保険加入/
国民健康保険、国民年金の加入は本人で
手続きを行っていただきます。

◆◇A SEED JAPAN事務局スタッフの仕事概要◆◇
●日常的な事務局の運営
他団体との連絡、会員管理、会計、電話対応など、
日常的な事務局を運営する作業を行います。また定
期的に事務局会議を開催し、業務のチェック・改善、
企画立案などを行います。

●資金調達
組織運営や企画の実行のための資金を調達・運用
します。助成財団への助成金申請や報告、収益事
業の企画と運営、企業協賛の獲得、会員の拡大、
新規事業の開拓などを理事やボランティアと協力し
ながら行います。

●イベントの運営
環境問題に関する勉強会、シンポジウム、会員総会
などの年間行事の運営と、毎月の理事会の準備を
行います。また、活動会員の合宿などの準備や運営
を行います。

●広報
マスコミ対応、WEBサイトの企画・立案、メール、
チラシなどを使った広報を行います。各種雑誌、
フリーペーパーへの寄稿なども行います。

◆◇応募方法・応募締め切り◆◇−−−−−−−−−−−

【応募方法】

希望者は以下の3点の書類を電子データで送ってください。

(1)履歴書:
   上記に書かれている「求める人材」が考慮されたもの

(2)志望動機書:
   以下の3点についてお書きください。
   (A4で1枚プリントアウトできれば様式不問)

1.環境問題または、社会問題の原因と
 どのように解決すべきと考えているか。

2.事務局スタッフとしての勤務を希望する理由

3.事務局スタッフとして得た勤務経験を
 どのように活かしたいと考えているか。

(3)スタッフ募集アンケート:
   以下よりダウンロードをお願いします。

http://www.aseed.org/recruitment/asjquestion2011.doc


【提出先】
 vol@aseed.org
 (A SEED JAPAN事務局 担当:小林、三本)

【応募締切】
 2011年6月2日(木)18:00 必着

◆◇応募後のプロセス◆◇−−−−−−−−−−−

応募を検討されている方は、ぜひ事前に一度
事務所にお越しください。

 ・オリエンテーション(団体説明会)
 ・プロジェクトのミーティング
 ・事務局業務のお手伝い

日程などはお問い合わせください。
事前にご連絡いただけますと幸いです。
また、水曜日は定休日となっております。

1.6/9までに書類選考の合否をご連絡します。
2.1次面接
  2011年6月12日(日)10:00〜18:00
  (予定、内1時間程度)
3.最終面接は以下の日程を予定しています。
  2011年6月19日(日)10:00〜18:00
  (予定、内1時間程度)

※また、応募された方の適性によっては
 適宜面接、面談を設定させていただく可能性があります。

◆◇お問い合わせ・応募◆◇−−−−−−−−
事務局スタッフ募集に関する質問、相談などがありま
したら小林・三本までお問い合わせください。

国際青年環境NGO A SEED JAPAN
事務局スタッフ募集担当:小林、三本
〒160-0022 新宿区新宿5-4-23
TEL:03-5366-7484 FAX:03-3341-6030
E−mail:info@aseed.org

スタッフ応募専用アドレス:vol@aseed.org


「Charity for Water」  For 東日本大震災 被災地支...  投稿者: 日本水フォーラム 投稿日:2011/05/11(Wed) 15:23 No.94   HomePage

すべての人が水に起因する苦しみから解放され、水の恩恵と価値を最大限に享受できる世界の実現を目指す、日本水フォーラムは、被災された地域の一刻も早い復興に向けて、できる限りの貢献を行ってまいります。
その具体的な活動の一つとして、被災地における水供給、衛生改善に関する支援活動を実施いたします。

今回2度目の開催となるチャリティ・イベント、「Charity for Water」では、被災地の支援に向けた事前調査の結果、そして、支援内容の詳細につきまして、ご報告させていただくと共に、本活動に対する義援金を募集させていただきます。

皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。職員一同、お待ちしております。

1. 開催概要
日時 平成23年5月26日(木)18:00〜21:00(17:30開場)
会場 『プラナ・バルカ』 東京都中央区日本橋蛎殻町1-3-2 1F
主催 特定非営利活動法人日本水フォーラム
参加費 4,000円(2ドリンク、フード付) ※くじ購入代金、追加の飲食費は別途
・イベント当日に「チャリティくじ」を販売します。くじ販売の収益金は全額、東日本大震災被災地への、水供給と衛生改善に関する支援活動に使われます。

2. プログラム
・被災地の被害状況調査のご報告
・義援金による支援内容のご報告
・チャリティくじ引き(景品が当たります)
・ご歓談

3. 参加申込
http://charity4water.doorkeeper.jp/からのお申込み、もしくはEメールか、
FAXにて以下@〜Bをご記入の上、お申込ください。
申込締切:5月20日(金)
E-mail: charity4water@waterforum.jp Fax: 03-5645-8041
@氏名
Aご所属
B連絡先Eメール、または連絡先FAX番号
※当日のご参加も可能ですが、予定定員数を超えた場合には、大変申し訳ございませんが、入場をお断りする可能性もございます。予めご了承ください。

お問合せ先 特定非営利活動法人日本水フォーラム 担当:大川、松村
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町5-4 アライズ第2ビル6階
TEL: 03-5645-8040  FAX: 03-5645-8041
E-mail: charity4water@waterforum.jp


「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進」参加の...  投稿者: 「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進」参加のお願い 投稿日:2011/05/04(Wed) 10:54 No.93

各界の皆様

※以下、全文転送・転載大歓迎です。

福島原子力発電所の事故により多くの農家が家畜を取り残して避難しており、20km圏
内の牛と豚だけでも3万頭以上(鶏は60万羽以上)の家畜がただ飢え死にを待ってい
る状態です。

その多くは餓死していますが、今でもまだ生きて、餓えと闘っている動物がたくさん
います。

政府は警戒区域の動物を移動させることも、ボランティアを立ち入りさせることも
認めず、このままではまだ生きてる動物たちもが死に絶えてしまいます。

連休最後の5/8にこれらの動物救済のためのデモが東京で行われます。

政府へ警戒区域の動物を移動させること、また獣医師やボランティアの立ち入りを
認めさせるようアピールするために、1人でも多くデモへの参加をお願い致します。

※警戒区域の動物たちの現状については以下をご覧ください。
たかむら勉(民主党衆議院議員)
http://www.takamura-tsutomu.com/
長島一由(民主党衆議院議員)
http://nagashimakazuyoshi.seesaa.net/
斉藤 進(民主党衆議院議員)
http://saito-susumu.jp/
新庄動物病院の掲示板
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/

藤沢(東京都・会社員)
http://ameblo.jp/kachiku-kyuusai/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://animaldemo.blog.fc2.com/
警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進

日付:2011/05/08
時間:14:00〜追悼及び報告集会。15:00デモ出発!
場所:神宮通公園(渋谷区神宮前6-21)
デモコース:神宮通公園 → 東電の電力館前 → 渋谷駅前 → 明治通りを通って神宮
通公園で流れ解散!

※車道を歩くため、危険ですので動物(ヒト以外)を連れての参加はご遠慮ください。


<趣旨>
呼びかけ文を参照ください。

<集会>
詳細は調整中。
警戒区域の状況が流動的であるため、発言をお願いする方々が現地入りされた場合は
追悼集会のみとなる可能性があります。

<デモ行進>
☆是非とも思いを込めたプラカードをご持参ください☆
動物の声を代弁したい人は仮装でどうぞ。
音楽でアピールしたい人は楽器をどうぞ。
怒りたい人は気合を入れてどうぞ。
明るく訴えたい人は元気にどうぞ。
静かに祈りたい人は厳粛にどうぞ。
デモの主体は、参加者ひとりひとりです。
それぞれの思いで、それぞれのスタイルで、あなたにとってのデモをしよう!

以上、転載大歓迎です!


−呼びかけー

警戒区域の動物たちを見捨てない


----------------------------------------------------------------------------
----

失われゆくいのちを想い、悲しみ、涙し、そして声を上げよう!

未だに収集の目処が立たない、東京電力の原発事故。現場となった福島県では、多く
の住民が避難生活を余儀なくされ、関東にまで及ぶ広域の人々が被爆の不安を抱えな
がら生活しています。
しかし、震災と原発事故の影響を受けているのは人間だけではありません。数え切れ
ないほどの動物たちも深刻な被害を受け、いのちを失いました。
失われたいのちに、その種を問わず、深く哀悼の意を表します。

一方、福島県の警戒区域に取り残された動物たちの多くは、今この瞬間も飢えと戦
い、餓死しています。
ペットたちは、立ち入れなくなったとも知らずに飼い主さんを待っています。多くの
畜産動物が、餓死して横たわった仲間の遺体とともに、来る当てのない水と食料を待
ちわびています。それは地獄絵図と呼ぶしかない、筆舌に尽くしがたい惨状です。
政府はこの事態を、人命優先のためには仕方がないと説明します。
でも本当に?

警戒区域は、原発の状況が急激に悪化して指定されたのではありません。準備する時
間はあった。助ける時間はあった。けれど、政府は助けようとしてこなかったので
す。
そして今、保護団体や獣医師、飼い主、畜産家らの「助けたい」という切実な要求す
ら無視し、立ち入りを拒否しています。警戒区域の動物たちのいのちは、ただ失われ
ているのではありません。日々、奪われているのです。
原発や政治の都合のために、動物の生命が奪われて良いはずがありません。被災者か
ら家族を奪って良いはずがありません。

とにも悲しみ、涙しよう。殺すなと言おう。助けさせろと言おう。
動物たちを生かすために。人間が、人間であるために。


----------------------------------------------------------------------------
----

政府への要望

◆厳しい立ち入り制限についての説明を求めます
警戒区域が指定された現在も、そのすぐ外では地元住民が生活しています。20キロ圏
内はいのちを救うためにすら入れないほど危険で、100M先なら人々が通常に生活でき
るほど安全だ、などということがあるでしょうか。納得のゆく説明を求めます。

◆専門家/ボランティア団体との連携を求めます
日本各地から獣医師、動物保護団体などが警戒区域への立ち入りを求めています。ま
た地元の畜産家の多くも、立ち入りを求めています。しかし、動物レスキューを目的
とした立ち入りは、原則として許可されていません。
(※一部、ペットの飼い主が保護団体に救出依頼したケースを除く)
現地は広域であり、多数の家畜やペットが残されています。また、動物の健康管理や
捕獲には専門家の協力が不可欠です。レスキューに入ろうとする人々への排除に抗議
し、専門家/ボランティア団体との連携を求めます。

◆被災者が動物と生きる権利を求めます
愛する存在が飢えていくのに何も出来ない…それは想像を絶する、耐え難い苦痛で
す。震災と原発事故により多くを失った被災者にとって、更なる傷となることは想像
に難くありません。
警戒区域の住民から、家族であるペットや、長年世話してきた家畜を奪ってよい理由
などあるでしょうか。動物たちに生きる権利があるように、被災者にも動物たちと生
きる権利があります。被災者が動物と生きる権利を求めます。


2011/05/01
「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ」実行委員会

以上、転載大歓迎です。


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -