エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


連続セミナー〜持続可能な社会の構築に向けた環境人材...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2010/02/08(Mon) 14:47 No.51   HomePage

環境人材育成コンソーシアム準備会(EcoLeaD)では、2月と3月に環境人材育成に関する情報交換・発信と連携促進に向けて、「連続セミナー 〜持続可能な社会の構築に向けた環境人材育成のあり方〜」を開催致します。
本セミナーは、環境保全政策や取組の動向に焦点を当て、「低炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の3つを主要テーマとして、持続可能な社会の実現に向けた企業、大学、政府、NGO等の環境人材育成への先進的取組についての最新情報を提供し、意見交換を通じ、連携強化を図ります。
なお、最終回では、当準備会の今年度の活動報告を交えて、「21世紀の環境経営を担う環境人材の育成に向けて〜産学官民の連携による環境リーダーの育成」と題したシンポジウムを開催致します。

■第1回セミナー
テーマ:自然共生社会の構築に向けた環境人材育成のあり方
日時:平成22年2月18日(木)14:00〜17:00
会場:(財)桜華会館 松の間(愛知県名古屋市)
申込締切:平成22年2月16日(火)(定員になり次第)
※セミナー終了後、懇親会を予定しております。

■第2回セミナー
テーマ:環境人材をどう育成するか〜大学学部における「環境力」教育
日時:平成22年2月19日(金)14:00〜17:00
会場:大阪科学技術センター404号室(大阪府大阪市)
申込締切:平成22年2月16日(火)(定員になり次第)
※セミナー終了後、懇親会を予定しております。

■第3回セミナー
テーマ:低炭素社会の構築に向けた環境人材育成のあり方
日時:平成22年3月1日(月)14:00〜17:00
会場:中央大学駿河台記念館670室(東京都千代田区)
申込締切:平成22年2月25日(木)(定員になり次第)

■第4回セミナー
テーマ:循環型社会の構築に向けた環境人材育成のあり方
日時:平成22年3月9日(火)15:00〜18:00
会場:中央大学駿河台記念館670室(東京都千代田区)
申込締切:平成22年3月4日(木)(定員になり次第)

■第5回シンポジウム
テーマ:21世紀の環境経営を担う環境人材の育成に向けて
〜産学官民の連携による環境リーダーの育成
日時:平成22年3月19日(金)13:00〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館280室(東京都千代田区)
※シンポジウム終了後、懇親会を予定しております。

★プログラムの詳細につきましては、EcoLeaDウェブサイトをご覧ください。
ご参加ご希望の際には、下記ウェブサイトから申し込みをお願い致します。
http://www.eco-lead.jp/


【参加者募集】社会に貢献するシゴト!セミナー  投稿者: 社会貢献チーム飯田橋会 投稿日:2010/01/05(Tue) 10:35 No.48   HomePage

━━■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■━━━━
     社会に貢献するシゴト!セミナー Season4
    自分スタイルで、いいんだ〜社会を変える働き方〜
━━■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■━━━━

●ここでしか聞けない。社会に貢献するシゴト!で働く人の本音●
HP→http://svnetwork.org/iidabashi/index.html

2008年1月開始以来、これまでに12回を数える「社会に貢献するシゴト!」
セミナー。毎回、NPOなど「社会貢献」の分野で働く若手をゲストに招き、
仕事に就くまでの経緯や仕事への想いなど本音を語ってもらいます。この
セミナーの特徴は、ゲストも参加者も若者ということ。自分なりの「社会
貢献のカタチ」、考えてみませんか?

「シーズン4」となる今回は、ゲストからのお話に加えて、参加者同士に
よるワークショップを行い、議論・交流を深めます。(各回によって内
容は若干異なります)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■第13回 「想いは1枚の企画書(ペーパー)から」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ゲスト】フレンドリーデーインターナショナル 藤田香織さん
【日 時】2010年1月30日(土) 14:00-17:00
【場 所】日本財団ビル2階 第3・4会議室 
(東京都港区赤坂1-2-2)

【内 容】
1.ゲストが語る“私のシゴト”
・団体概要
・職務内容
・今の仕事に至るまでの経緯
・やりがい、苦労 など
2.ワークショップ
3.懇親会(ゲストや他の参加者と交流するチャンスです!)

★セミナー終了後に、近くの居酒屋で裏交流会があるかも!?
(もちろん、参加は任意です。参加費は別途必要です)

当日は、ゲスト自ら執筆した「私のキャリアシート」を、参加者に差し上げます!!
※過去のゲストのキャリアシートをご覧いただけます。
http://svnetwork.org/iidabashi/cn8/sheet.html

【対 象】次のいずれかの方
A.おおむね30歳以下で、「社会に貢献するシゴト!」に興味がある方
B.企業のCSR担当、中間支援組織、NPOスタッフ(年齢不問)
【定 員】30名
【締切り】先着順。定員に達し次第締切
【参加費】1,000円


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ゲストプロフィール
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●藤田 香織(ふじた かおり)さん
幼い頃より、国際交流に興味を持ち、「ことばを超えて、世界中に
ともだちをつくり、たくさんおしゃべりしてみたい」と、学生時代に
国際交流事業に関わる。大学卒業後、株式会社スーパープランニングと出会い、
同社が展開しているキャラクター「Mr. Friendly」のコンセプトに共感。
2003年Friendly Day International(FDI)を立ち上げ、その代表を務める。
チャリティ×デザインorアートを意識したソーシャルプロジェクト企画運営。

●所属団体:フレンドリーインターナショナル http://www.friendlyday.org
毎年4月14日の「フレンドリーデー」の認知度普及活動を通じて、
世界中に友だちの大切さと、みんな仲良しでいようという気持ちを
伝えていくことを目的に活動している。
主なプロジェクトとして「フレンドリーデーを伝えるイベントの展開」
「リユースTシャツ:不要になったTシャツの裏面に新しいデザインをプリント
して販売」「HAPPY WRAPPIN'」などがある。
2007年にNPO法人TINA(千葉県山武群)と合併、その事業部となる。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■「社会に貢献するシゴト!」セミナーって?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社会貢献チーム「飯田橋会」が、2008年1月から継続して開いている
セミナー。NPOへの就職や、自分なりの方法で、「社会に貢献する」をシ
ゴトにしたい若者の応援を目的に開催している。
ゲストは実際に社会に貢献するシゴトに関わっている若手。彼らのシ
ゴトや就職までの体験談を聞くだけでなく、質問やディスカッション、同じ
想いを持った他の参加者との交流もできます。

※就職斡旋や求人紹介はございません。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■お問合せ・申込
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お問合せ】job4@svnetwork.org (飯田橋会)
【お申し込み】http://citrus.candybox.to/svnetwork/postmail/postmail.php
※その他詳細に関してはホームページをご覧下さい
http://svnetwork.org/iidabashi/index.html

◆主催◆社会貢献チーム「飯田橋会」
◆協力◆日本財団

━━■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■━━━━


『号外!1秒の世界』「水」と「食糧」  投稿者: 増田 投稿日:2010/01/01(Fri) 01:27 No.47   HomePage

番組名: 『号外!1秒の世界』

日時:  2010年1月3日(日) 17:00〜17:54

放送局: TBS系列全国ネット

番組内容: 「1秒」という短い時間に起こる世界の変化をドラマチックに見せるサ
イエンスプログラムです。

今回のテーマは私たちに身近な「水」と「食糧」を取り上げていき
ます。

番組ホームページURL: http://www.tbs.co.jp/ichibyou10/  ※「みずものがた
り」「たべものがたり」の本のプレゼント応募を実施します。

制作著作: TBS

監修:  山本良一東京大学生産技術研究所教授、Think the Earth プロジェクト


APN国際シンポジウム「CO2 25%削減 国境を越えて−低...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2009/12/17(Thu) 17:02 No.46   HomePage

アジア太平洋地域の科学者や政策担当者等が出席する本シンポジウムでは、低炭素社会の実現に向けた方策や取組み事例について意見交換を行います。

日時:2010年1月23日(土) 12:30〜17:30
場所:兵庫県立美術館ミュージアムホール(神戸市中央区)
(会場のご案内:http://www.artm.pref.hyogo.jp/access/
主催:アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)及び兵庫県
言語:日本語・英語(同時通訳付)
定員:200名(事前申込要・先着順・参加無料)
申込締切:2010年1月20日(水)

詳細はこちら:
http://www.apn-gcr.org/jp/indexj.html


湘南国際村アカデミア 「里地里山と私たちの暮らし−...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2009/12/17(Thu) 17:01 No.45   HomePage

日本の伝統的な農村風景である里地里山は、その価値が高く評価されながらも、都市化の影響や農林業の近代化で崩壊の危機を迎えています。しかし、里地里山は、本来が人間と自然が共生する姿であり、その再生の道筋を探ることは、日本のみならず世界の農林業がおかれている危機の克服にもつながると期待されています。

そうした趣旨から現在、日本政府と国連大学は連携して、2010年10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を機会に、里地里山のように持続的な資源利用を伴う自然共生社会の構築を「SATOYAMA イニシアティブ」
として提唱しようとしています。
私たちの暮らしに身近な「里地里山」と、世界におけるその意義を、第一線の研究者から聴き、考えてみませんか。

日時:2010年1月23日(土)14:00〜16:00
会場: 地球環境戦略研究機関(IGES) 第1会議室
主催:IGES、(財)かながわ国際交流財団
講師:武内 和彦
(国連大学副学長・東京大学サステイナビリティ学連携研究機構副機構長)
参加費: 無料
申込締切: 2010年1月18日(月)

お申込み及び詳細はこちら:
http://www.iges.or.jp/jp/news/event/20100123academia/


IGES関西研究センター国際シンポジウム「気候変動・地...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2009/12/17(Thu) 17:00 No.44   HomePage

阪神・淡路大震災15周年記念事業の一環として(財)地球環境戦略研究機関(IGES)では、気候変動・地球環境と災害の発生が相互に大きな影響を与えているとの認識に立ち、日頃、環境や防災の分野に取り組まれている方々や一般の皆様に新たな視点を提供するという目的で、国内外の第一人者の講演や討議で構成する「気候変動・地球環境と災害」をテーマとした国際シンポジウムを開催いたします。

日時:2010年1月15日(金)13時30分〜16時30分
場所:よみうり神戸ホール
(神戸市中央区栄町通1-2-10 読売神戸ビル2F)
主催:兵庫県、(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
共催: (財)ひょうご震災記念21世紀研究機構人と防災未来センター、アジア太平洋地球変動ネットワーク(APN)、(財)国際エメックスセンター(EMECS)
使用言語: 英語及び日本語(同時通訳)
定員:200名(先着順)
参加費: 無料
申込締切: 2010年1月13日(水)

お申込み及び詳細はこちら:
http://www.iges.or.jp/jp/news/event/20100115krc/


いのち×ローカルな農業プロジェクト国際シンポジウム...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2009/12/13(Sun) 10:53 No.43   HomePage

>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・・>>・>>・・>>
いのち×ローカルな農業プロジェクト国際シンポジウム
「有機認証ラベルで農業をグリーンジョブにしよう!」
http://www.aseed.org/agriculture/biolocal/team.html


2010年1月31日(日)13:30開場 14:00〜17:30
YMCAアジア青少年センター ワイホール(御茶ノ水)
>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・・>>

日本で、「有機農業」を仕事にしている農家の割合を
知っていますか?
たった、1%以下です。
「有機農業」は「環境を保全する仕事=グリーンジョブ」と
言えます。しかし、グリーンジョブは、ただ環境に良いだけでなく、
「人間らしく働ける」ことも意味します。

本当の意味で農業がグリーンジョブになるということは、
自然との調和を目指す「有機農業」を仕事にする人が
それで人並みの生活を営むことができ、
働きがいと誇りを持てるようにすること。

有機農家の割合が少ないのは、
日本がそれが仕事として成り立ちにくい社会だから。
例えば、スウェーデンでは、実に20%の農家が「有機農業」
を仕事にしています。

日本とスウェーデンでは何が違うのでしょうか?
違いのひとつに「有機認証ラベル」があります。
スウェーデンの有機認証ラベル「KRAV」の認知度は98%で
ほとんどの消費者が知っています。
そして、消費者が有機農業について知るきかっけになったり、
環境にやさしい食生活をする一つの目印になっています。

一方で、日本の有機認証ラベル「有機JAS」の認知度は
30%程度。
多くの生活者にとって、国産有機農産物は決して「身近」で
ありません。そして、ある有機農家は
「日本人は有機農業への理解がとても浅い」と嘆きます。

今回のシンポジウムでは、多彩なゲストを呼び、
「有機認証ラベル」が果たしうる役割とは?
「今後の日本農業をどのようにグリーンジョブにしていくべきか?」
を考えていきます。

日本をもっとオーガニックにしたい人、
農や食に関心のある人は是非ご参加を!

【日時】1月31日(日)13:30開場 14:00〜17:30
【場所】YMCAアジア青少年センター スペースワイホール
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
東京都千代田区猿楽町2-5-5 JR水道橋駅徒歩6分・御茶ノ水駅徒歩9分

【定員】200名 (要申し込み)
【参加費】ASJ会員 500円、学生 700円、社会人 1000円
【主催】国際青年環境NGO A SEED JAPANいのち×ローカルな農業プロジェクト
http://www.aseed.org/agriculture/index.html

【基調講演者紹介】
グンナー・ランドグレン氏
有機認証ラベルの第一人者。世界中でも先駆的な有機認証団体である
スウェーデンの「KRAV」の創設者。有機農業推進するを国際的NGOである
IFOAM(アイフォーム:国際有機農業運動連盟)の世界理事長を経て、
現在は有機農業による国際農村開発コンサルタント会社グローリンクのCEO。

【プログラム】
1:ショートスピーチ ツルネン・マルテイ氏(民主党参議院議員)
「日本で作られる農産物の50%を有機農産物に! 」

2:いのち×ローカルな未来 スライドショー
「農業をグリーンジョブにしよう!
〜国産農産物の50%が有機になったら、日常はどうなる?」

3:基調講演 グンナー・ランドグレン氏
「スウェーデンの有機認証ラベルが社会を変えた!?
〜わたしが有機認証団体KRAVを創設した理由〜」

4:20〜30代が考える農業対談!
「農業をグリーンジョブにする方法〜有機認証ラベルの役割とは?〜」

<パネリスト>
笠原秀樹さん(自然農園レインボーファミリー」代表)
有機JAS認証を取得している若手農家さん(「農事組合法人さんぶ野菜ネットワーク」)
木村 真衣子さん(自然食品店 店長)
三好智子さん(有機JAS認定機関 元職員)
鈴木亮さん(自分の国産有機農産物購入率を上げようとするチャレンジャー)

<コーディネーター>小泉晶子(いのち×ローカルな農業プロジェクト理事)


【申し込み】>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>
下記の参加申し込みフォームにご記入いただき、件名を
「いのち×ローカルな農業・国際シンポジウム」と明記の上、
E-mail( info@aseed.org )でA SEED JAPAN 事務局までお送りください。

<お申し込みフォーム>
------------------------------------------------------
○お名前(ふりがな):
○職業:
○TEL:
○E-mail:
○ASJ会員:会員・非会員学生・非会員社会人
○イベントへの参加動機、当日知りたいこと
※可能な範囲で当日の内容に反映させていただきます。
○アンケート
1)「有機JAS」を知っていますか?
どんなイメージがありますか?
2)「有機認証ラベル」は持続可能な農業を
推進するために必要だと思いますか?
-------------------------------------------------------
※今回ご提供いただく個人情報は、A SEED JAPAN が
主催する各種イベント等に関する情報提供と
それらに付随する諸対応に使用させていただく場合があります。
取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、
事務局までお問い合わせください。
>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・>>・・>>

【主催・連絡先】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:小野・岸田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL 03-5366-7484   FAX 03-3341-6030
E-mail info@aseed.org
http://www.aseed.org

A SEED JAPAN(Action for Solidarity, Equality, Environment and Development)とは・・・
1991年10月に設立された日本の青年による国際環境NGOです。
国境を越えた環境問題とその中に含まれる社会的な不公正に注目し、より持続可能で公正な社会を目指しています。

※本イベントは地球環境基金の助成を受けて開催いたします。


12/1座談会「スタディーツアーの企画の立て方〜参加者...  投稿者: 市民国際プラザ 投稿日:2009/11/18(Wed) 11:18 No.42   HomePage

参加者がより多くの気づきを得られるスタディーツアーの
プログラムの組み方について、お話しします。

フェアトレードコーヒーやお茶を飲みながらの、座談会形式です。
お気軽にご参加ください。

●日時
12月1日(火)18:30-20:30 定員15名

●場所・交通機関
(財)自治体国際化協会 市民国際プラザ
半蔵門線「半蔵門」駅 1・2番出口 徒歩2分
有楽町線「麹町」駅 1番出口  徒歩8分
地図 http://www.plaza-clair.jp/plaza/plaza.html

●ファシリテーター
米山 敏裕氏
 (スタディツアー研究会代表・地球の友と歩む会/LIFE事務局長)

●内容
スタディーツアー研究会の代表として多くのスタディーツアー
を見てこられた米山さんに、スタディツアーを企画する目的、様
々な団体のツアープログラム、参加者の募集方法、注意すべき危
機管理・旅行業法等についてお話しいただきます。そして、ツアー
参加者が安全に、より多くの気づきを得てもらうためのツアーの
プログラムの組み方についてディスカッションを交えながら、み
なさんと考えます。

詳細http://www.plaza-clair.jp/plaza/plaza3-1.html

●対象:・スタディーツアーの企画・運営に関心のある方
     (NGO・自治体・地域国際化協会・学校関係者等)
    ・スタディーツアーや研修の企画・運営の担当者。
     または今後担当される予定のある方

●参加費
無料

●申込方法:
 参加日・お名前・所属・連絡先を明記の上、メール・FAXま
 たはお電話で下記の申込み先までご連絡ください。

●主催・申込み先
 (財)自治体国際化協会 市民国際プラザ(担当:町井)
 TEL:03-5213-1734 FAX:03-5213-1740
 E-mail international_cooperation@plaza-clair.jp

●申し込み締め切り
12月1日(火)

======= 同時開催企画展のご案内==========
 企画展「国際協力の現場を生で体験!スタディツアーの魅力」

 本企画展では、スタディーツアー実施風景の写真やビデオ、参
加者の声の紹介などを通じて、"国際協力の現場を生で体験する"
スタディーツアーの魅力をお伝えします。
 また、スタディツアーと言っても団体によって内容は千差万別
です。開催期間中、スタディーツアーを主催している様々な団体
のチラシやパンフレットの配布コーナーも設置いたしますので、
情報収集の場としても是非ご活用下さい。

●展示内容
1.スタディーツアーとは?
2.スタディーツアーを写真で体験!
  (参加者の感想も紹介します)
3.スタディーツアー実施団体の紹介


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -