エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


「フェアトレード写真展〜私たちの手元にとどくまで〜...  投稿者: 市民国際プラザ 投稿日:2009/02/27(Fri) 21:48 No.29   HomePage

=============================
「フェアトレード写真展〜私たちの手元にとどくまで〜」
2009年3月9日(月)〜19日(木)10:00〜18:00(土・日休)
=============================
―特別企画講演会のご案内―

■第1回 3月16日(月) 18:30〜20:30
 「フェアトレードタウンとは〜フェアトレードで町おこし?」
 講演:(特活)フェアトレード・ラベル・ジャパン
    事務局長 中島佳織氏

 いま欧米ではフェアトレードに積極的に取り組む町が増えてい
ます。「フェアトレードタウン」を宣言した町は、議会や役場で
使うコーヒーや紅茶をフェアトレード商品にするなど、フェアト
レードを広める取組みを行っています。
 本講演では、イギリスの「フェアトレードタウン」の取組みや、
フェアトレードタウンへの認証条件、フェアトレード認証ラベル
の役割、日本での普及に向けた課題を紹介し、日本でフェアトレ
ードタウンが誕生する可能性を探ります。

(特活)フェアトレード・ラベル・ジャパン
http://www.fairtrade-jp.org/

■第2回 3月17日(火) 18:30〜20:30
 「エコシュリンプとは〜もうひとつのフェアトレード〜」
 講演:(特活)APLA/(株)オルタトレードジャパン
    広報室長 幕田恵美子氏

 日本人のエビの大量消費が、東南アジアにおけるマングローブ
の伐採・環境汚染の一因となっています。
 講演ではその実態を見ながら、私たちの「食」が世界とどの
ようにつながっているのかをご紹介します。また、オルタトレー
ドジャパンの「エコシュリンプ」という自然と調和した養殖方法
で育てられたエビを通して、生産者、消費者、そして環境にとっ
ても「フェア」な取引とは何かを考えます。

(特活)APLA/あぷら
http://www.apla.jp/index.html
(株)オルタトレードジャパン(ATJ) エコシュリンプ
http://www.altertrade.co.jp/02/esh/esh_01.html
※ATJはNGOである日本ネグロス・キャンペーン委員会(JCNC)(現
APLA)の活動を基盤に生協や有機農産物の販売グループ、市民団
体が共同出資してたちあげた草の根の貿易会社です。

■場所 (財)自治体国際化協会 大会議室(市民国際プラザ横)
    (東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1F)
   http://www.plaza-clair.jp/plaza/plaza.html
   半蔵門線「半蔵門」駅 1・2番出口 徒歩2分
   有楽町線「麹町」駅 1番出口 徒歩8分
■定員:各50名(参加費無料)
■申込み方法
 参加日(両日参加も可)・お名前・所属・連絡先を明記の上、メ
 ール・FAXまたはお電話で下記までお申込みください。
■申込み・問合せ先
 (財)自治体国際化協会 市民国際プラザ(担当:町井)
 TEL:03-5213-1734 FAX:03-5213-1740
 E-MAIL international_cooperation@plaza-clair.jp
 URL http://www.plaza-clair.jp

※市民国際プラザはJANICと(財)自治体国際化協会で共同運
営しており、自治体とNGOの連携を促進しています。

===========展示会のご案内===========
「フェアトレード写真展〜私たちの手元にとどくまで〜」
2009年3月9日(月)〜19日(木)10:00〜18:00(土・日休)
  場所: (財)自治体国際化協会 市民国際プラザ

 フェアトレードで作られた商品が私たちの手元に届くまでの過
程を写真でご紹介します。同じ商品も、生産者の方々がどのよう
な思いで、ひとつひとつ作っているのかを考えてみると、違った
印象に見えてきます。小さな写真展ですので、どうぞお気軽にお
こしください。さまざまな団体のフェアトレードへの取組みの紹
介やカタログも無料で配布いたします。(入場無料)。
=============================


シンポジウム@東京国際フォーラム  「エコを支える...  投稿者: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN 投稿日:2009/02/27(Fri) 20:41 No.28

【転送歓迎】【重複ご容赦】
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     シンポジウム@東京国際フォーラム
       「エコを支える新たなお金」
    〜市民出資・市民金融が拓く持続可能な社会〜
   2009年3月28日(土) 13:00-17:30 (12:30開場)

主催 環境省
協力 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
   国際青年環境NGO A SEED JAPAN
   全国NPOバンク連絡会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 環境保全活動や地域づくりに市民の「意思あるお金」を生かす
「市民出資・市民金融」が注目を集めています。このシンポジウ
ムでは、環境省が平成19年・20年の2ヵ年にわたり実施してきた
「コミュニティ・ファンド等を活用した環境保全活動促進事業」
で得られた成果をもとに、市民のお金を環境保全活動や持続可能
な地域づくりに生かすための方策や、環境コミュニティ・ビジネ
スを支えるための国、地域金融機関、コミュニティ・ファンド、
中間支援組織等の地域連携のあり方を展望します。

※環境省の報道発表については以下のURLをご覧ください。
 チラシもダウンロードしていただけます。
 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10818

※「コミュニティ・ファンド等を活用した環境保全活動促進事業」
 の詳細については以下のURLをご覧ください。
 http://www.env.go.jp/policy/community_fund/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催概要】
日時:2009年3月28日(土)13:00〜17:30
場所:東京国際フォーラム ホールD5(JR・地下鉄有楽町駅隣接)
アクセス:http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/
参加費:無料
    ※要事前申し込み(空席がある場合のみ当日参加も可能です)

【プログラム】
1.主催者挨拶

2.オープニングガイダンス
  「市民出資・市民金融・基本の『き』」
   水谷衣里(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)

3.トークセッション
  「広がる担い手・支える地域〜環境コミュニティビジネスの現状から」
   三上亨氏(NPO法人グリーンエネルギー青森 常務理事 事務局長)
   見山謙一郎氏(環境ビジネス・イノベーター)
   土谷和之(国際青年環境NGO A SEED JAPAN)

 環境問題は、いまや待ったなしの状況です。課題解決のための重
要な担い手として環境コミュニティ・ビジネスに注目が集まってい
ます。一方で担い手の持続的成長のためには地域でのサポートが必
要だということもわかってきました。ここでは環境コミュニティ・
ビジネスがなぜ必要とされているか改めて確認するとともに、環境
コミュニティ・ビジネスに必要なサポートとはなにか、特に「地域」
をキーワードに皆さんと共に考えます。

4.モデル事業活動報告
  平成19年度・20年度モデル事業実施団体(3地域程度)
  コメンテーター:
  藤井良広氏(上智大学大学院地球環境学研究科教授)

5.パネルディスカッション
  「地域に必要なお金の流れをつくる〜多様な主体の役割と連携」
  コーディネーター:三上亨氏
  パネリスト:
   木村真樹氏(コミュニティ・ユース・バンク momo 代表理事) 
   高橋一朗氏(西武信用金庫事業支援部 部長) 
   細川真宏(環境省総合環境政策局環境計画課 課長補佐)  
   モデル事業実施団体から1名

 環境コミュニティ・ビジネスの持続的成長を考える上で、行政、
金融機関、コミュニティ・ファンド、中間支援組織などそれぞれに
期待される役割とは何か、相互に協力できることは何か、パネル
ディスカッションを通じて考えます。

6.本日の総括
  「エコを支える新たな仕組み作りに向けて
   〜市民出資・市民金融への期待」
   藤井良広氏


【お申し込み方法】
お名前、ご所属、所在地、TEL、FAXを記載の上、
件名を「シンポジウム申し込み」として、
電子メールにて下記アドレスまでお申し込みください。

E-mail:328CF@murc.jp 

【お問い合わせ先】
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(担当:柏井、水谷)
TEL:03-6711-1243

※上記内容は2009年1月末現在の予定です。発表者の都合等により、
 プログラムの一部を変更する場合があります。ご了承ください。

※個人情報の取り扱いについて
 当シンポジウムは、主催者である環境省より委託を受け、三菱
UFJリサーチ&コンサルティング(株) が事務局を務めております。
ご記入いただきましたお申し込み情報は、当社の「個人情報保護
方針」及び「個人情報の取扱いについて」に従い適切に取り扱い、
本シンポジウムの運営及び本モデル事業のために利用させていた
だきます。
(詳しくは、URL:http://www.murc.jp/profile/privacy.html
本モデル事業関連のご案内等を送付するほか、主催者である環境
省に対してお申し込みの情報を提供することがありますが、貴殿
のご承諾なく、それ以外の第三者への提供は行いません。ご記入
内容に不備がある場合は、改めて内容確認のご連絡を入れさせて
頂く場合があります。お預かりした個人情報の開示、削除等のお
申し出、その他のお問い合わせにつきましては、事務局までご連
絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[2/6開催] 中東水パネル:中東諸国の水問題解決に向け...  投稿者: 日本水フォーラム 投稿日:2009/01/28(Wed) 12:31 No.27   HomePage

 中東諸国は、経済発展や人口の増加に伴う水需要が高まり、水関連インフラの整備が急務となっています。また、アラビア半島や北アフリカ地域の多くの国々は、高い水ストレスにある地域と判定されており、中東諸国での水の継続的かつ安定的な供給は、経済や工業の発展のみならず、国民生活を保障するうえでも、重要な国家的課題の一つとなっています。

 このような水資源問題は、日本が既に直面し、新しい施策の実施や技術の導入など、官民一体となって解決に向けて取り組んできたものであり、その経験は中東諸国の直面している水問題解決に大いに貢献できると考えられます。

 そこで、本中東水パネルは、中東諸国の水事情・水問題について学び、その解決に資する制度や技術、ノウハウ等国内で培ってきた経験を広く共有することを目的として開催します。そして、中東諸国の水問題解決に向けた日本の役割について、考え、議論する機会としたいと考えています。

 詳細はこちらよりご覧いただけます。
http://www.waterforum.jp/jpn/symposium/090206_panel/index.html

1.主催
特定非営利活動法人日本水フォーラム、財団法人中東協力センター、社団法人関東建設弘済会

2.後援
経済産業省、国土交通省(予定)、日本貿易振興機構(予定)

3.日時・場所
日時:平成21年2月6日(金) 14:00〜17:00(受付開始13:30)
場所:国連大学 ウ・タント国際会議場 東京都渋谷区神宮前5-53-70
地図:http://www.unu.edu/access/

4.言語
日英同時通訳

5.参加費
無料

6.申込方法
ホームページより参加申込書をダウンロードしていただき、必要事項(氏名、所属、連絡先等)を記載の上、E-mail(mewd@waterforum.jp)あるいはFAX(03-5212-1649)にてご送付ください。

7.お問い合わせ先
日本水フォーラム 担当 平山 TEL:03-5212-1645

8.次第(案
14:00-14:05 開会
14:05-14:25 講演:イラクの水事情と日本への期待
 イラク共和国大使館駐日特命全権大使 ガーニム・アル・ジュマイリ氏
14:25-14:45 講演:
 在日の中東諸国大使館代表(予定)
14:45-15:00 講演:水の安全保障戦略機構とチーム水・日本
 特定非営利活動法人日本水フォーラム事務局長 竹村公太郎氏
15:00―15:15 休憩
15:15-16:55 パネルディスカッション
ファシリテーター:
 諏訪東京理科大学経営情報学部経営情報学科教授 天野輝芳氏
パネリスト:
 経済産業省産業技術環境局環境指導室長 中村吉明氏
 財団法人中東協力センター審議役 太田道孝氏
 日本経済新聞論説副委員長 脇祐三氏
 東京大学新領域創成科学研究科教授 中山幹康氏
 東レ株式会社顧問 栗原優氏
 特定非営利活動法人日本水フォーラム事務局長 竹村公太郎氏
16:55-17:00 閉会


第5回化学物質管理とリスクコミュニケーションに関す...  投稿者: 環境情報科学センター 投稿日:2008/12/25(Thu) 10:58 No.26   HomePage

『PRTR大賞』は、化学物質管理とリスクコミュニケーションを積極的に推進している事業者や事業所を顕彰するため、社団法人環境情報科学センターが創設した表彰制度です。第5回目の開催となった今年度は、計16件の応募をいただきました。選考委員による第一次審査、第二次審査を行った結果、PRTR大賞候補:4件、PRTR優秀賞:現時点では該当無し、PRTR奨励賞:7件、PRTR特別賞:3件が決定しました。平成21年2月2日(月)に会場投票による大賞選考会・表彰式を開催いたします。

■主催:(社)環境情報科学センター
■後援:経済産業省,環境省,(独)製品評価技術基盤機構、(財)WWFジャパン,(社)日本化学会,(社)化学工学会,(社)環境科学会,(社)大気環境学会,日本環境化学会,(社)日本水環境学会,日本リスク研究学会,(株)化学工業日報社,日経エコロジー,日経BP環境経営フォーラム

■日時:2009年2月2日(月) 13:00〜17:00 (12:30開場)

■場所:都市センターホテル (http://www.toshicenter.co.jp/
〒102-0084 東京都千代田区平河町2-4-1
アクセス:東京メトロ有楽町線・半蔵門線 永田町駅 から徒歩3分 ほか

■プログラム:
13:00 開会 (12:30から受付)
13:20 大賞選考会
 以下の大賞候補4社のプレゼンにより大賞(1件)が決まります。
 ・宇部興産(株)宇部本社・宇部ケミカル工場
 ・(株)ガスター
 ・武田薬品工業(株)製薬本部 光工場
 ・凸版印刷(株)新潟工場
※発表順は当日の抽選で決定
15:30 特別賞 受賞講演
 ・岩手県環境保全連絡協議会
 ・彩の国環境大学修了生の会 化学物質分科会
16:00 委員長 講評
16:15 表彰式
17:00 閉会(19:00まで懇親会 会費:3,000円)

■お申し込み:
 参加ご希望の方は、「参加申込書」に必要事項をご記入の上、平成21年1月29日(木)までにE-mailやFAXでお申し込みください。

■ダウンロードはこちら↓
 【案内http://www.ceis.or.jp/hyosho/2008/download/08hyosyoshiki_annai.pdf
 【参加申込書】http://www.ceis.or.jp/hyosho/2008/download/08hyosyoshiki_moushikomi.doc
[管理者修正]


第5回OWS海のセミナー「サンゴ礁保全と海洋保護区...  投稿者: OWS 投稿日:2008/11/04(Tue) 20:17 No.25   HomePage

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第5回OWS海のセミナー 「サンゴ礁保全と海洋保護区〜生物多様性保全を考える〜」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
科学的な視点をもって自然を学ぶ機会を提供することを目的とした海のセミナー。5回目の今年は、国際サンゴ礁年を締めくくり、来るべき2010年の国際生物多様性年に向け、サンゴ礁の多様な自然とその大切さを学び、海洋保護区の実現に向けたアプローチを3名の研究者に講演いただきます。好評につき予約はお早めに!!

  ●開催日 2008年11月29日(土) 14時00分〜17時40分

  ●場所  国立科学博物館 新宿分館 研修研究館4階大会議室
       〒169-0073 東京都新宿区百人町 3-23-1

  ●交通  JR山手線「新大久保」駅から徒歩8分、
       またはJR中央線「大久保」駅から徒歩6分

  ●参加費 一般:1,500円 OWSメンバー・学生:1000円

  ●定員  150名(先着順・予約制)

  ●主催  特定非営利活動法人OWS

  ●協賛  株式会社オリンパス

  ●協力  環境省・WWFジャパン・日本サンゴ礁学会・
       日本水中映像株式会社

  ●講演者 (1)西平守孝(名桜大学特任教授)
        「サンゴ礁の自然をみつめて」
       (2)キャサリン・ミュジック(日本水中映像株式会社)
        「山と海は恋人」
       (3)向井宏(京都大学フィールド科学教育研究センター特任教授)
        「海洋保護区をつくろう〜海の生物多様性保全に向けて〜」

  ●申込み OWSホームページの申込みフォームからお申し込みください。
       お電話(受付時間:月〜金10時〜18時祝休)
       でも承ります。お名前・電話番号・人数・お連れ様のお名前
       をお知らせ下さい。

●連絡先 特定非営利活動法人 OWS (担当 浪崎直子)
     〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-11-2
     TEL:03-5960-3545 E-mail: info@ows-npo.org 
     HP: http://www.ows-npo.org

  ※詳しくはこちらをご覧ください。
   ⇒http://www.ows-npo.org/activity/seminor/index.html


Earth Careボランティア大募集!!  投稿者: ezorock 投稿日:2008/06/18(Wed) 13:38 No.24   HomePage

今年で10年目を迎えるRISING SUN ROCKFESTIVALの会場内で
行う環境対策活動ボランティアを募集しています!

イベントの環境対策やボランティアに興味のある方、
音楽やイベントに興味のある方、
この夏は来場者と共に作り上げるフェスティバルでボランティアとして参加して
見ませんか?

□■ボランティア活動概要■□
○募集コース:
(1)全日程コース
・8月15日(金)〜8月17日(日)(2泊3日)定員:140名
・集合15日8:00/解散17日15:00
(2)週末コース
・8月16日(土)〜8月17日(日)(1泊2日)定員:20名
・集合16日8:00/解散17日15:00
※ 集合・解散は、地下鉄南北線麻生駅の予定です。

○活動場所:
・北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横 野外特設ステージ

○活動内容:
・ごみの分別ナビゲート、オリジナルごみ袋の配布、
エコアクションキャンペーンブースの運営
☆活動写真
下記URLに活動の様子と説明が載っています。是非ご覧下さい。
http://www.ezorock.org/project01.php#environment

□■ボランティア説明会■□
ボランティア参加者は説明会への参加が絶対条件です。
いずれかの日に必ずご参加ください。

○北海道内在住者説明会:
(1)8月8日(金)14:00〜16:30
(2)8月9日(土)19:00〜21:30
(3)8月10日(日)14:00〜16:30
会場:札幌市男女共同参画センター 4階 大研修室
(札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内)

○北海道外在住者説明会:
(1)8月14日(木)19:00〜21:30
会場:札幌市男女共同参画センター 4階 中研修室

□■申し込み締切日■□
・北海道外在住者 7月 1日(火)必着
・北海道内在住者 7月25日(金)必着
※お早めにお申し込みください。

□■申し込み方法■□
下記、環境NGO ezorock WEBサイトよりお申込ください。
詳しくはhttp://www.ezorock.org/volunteer/2008/

□■お問い合わせ■□
環境NGO ezorock担当:宮本・木村
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5
旧豊水小学校3階 市民活動スペース アウ・クル内

TEL/FAX:011-562-0081
E-mail:info@ezorock.org※@を半角にして下さい。
URL:http://www.ezorock.org/


自然エネルギー政策会議−2050年自然エネルギービジョ...  投稿者: isep 投稿日:2008/05/23(Fri) 09:47 No.23   HomePage

−転送歓迎ー
イベントのお知らせ
(参加費無料、予約不必要)

G8エネルギー大臣会合に向けて:自然エネルギー政策会議
「2050年自然エネルギービジョンとその実現には」
・趣旨
 固定価格制を含む自然エネルギー政策の再検証
 自然エネルギー促進のための政策提言
 自然エネルギー事業者を核とする政策ネットワーク

・日時:6月3日(火)10:00ー16:45
・場所:東京ウィメンズプラザ  大ホール
    東京都渋谷区神宮前5−53−67
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
・主催:「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク
     環境エネルギー政策研究所
・共催・協力(交渉中/予定)
  地球環境イニシアティブ、2008年G8サミットNGOフォーラム環境ユニット、
  日本風力発電協会、風力発電事業者懇話会、ソーラーシステム振興協会、
  日本地熱学会・日本地熱開発企業協議会、全国小水力利用推進協議会、
  日本建築学会地球温暖化対策推進小委員会、日本木質ペレット協会
  太陽光発電協会、RE20/20キャンペーン
・後援(申請中/予定)
  環境省、経産省


・プログラム(予定)
9:30開場
【第1部】10:00−12:00
基調講演1 「自然エネルギー Global Status Report」
Dr.Eric Martinot (環境エネルギー政策研究所)       
基調講演2 「固定価格制に向かう世界の潮流」
Mr.Miguel Mendonca (World Future Council)
<昼食ブレーク>
【第2部】13:00−14:30
 報告と政策提言
 「2050年自然エネルギービジョンとその政策」
    飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)
   その他スピーカー(予定)
  自然エネルギー事業者
  自然エネルギー関連団体・組織
  地方自治体
<コーヒーブレーク>
【第3部】14:45−16:30
 ステークホルダーによる討議
 「新しい自然エネルギー政策の実現に向けて」
  (参加交渉中)  
 国会議員(自然エネルギー促進議員連盟)、
自民党:河野太郎氏、公明党:加藤修一氏、
  民主党:福山哲郎氏、社民党:福島瑞穂氏
 自然エネルギー事業者
  (太陽光、風力、小水力、バイオマス、地熱など)
 環境省、経済産業省、
 東京電力など電力事業者
 環境NGO、NPO

まとめ 16:30−16:45
以上

連絡先:イベント事務局
(環境エネルギー政策研究所内)
〒164−0001
東京都中野区中野4−7−3
TEL:03-5318-3331 FAX:03-3319-0330
E-mail: isep@isep.or.jp
http://www.isep.or.jp/


いま ここにある風景  投稿者: ムヴィオラMOVIOLA 投稿日:2008/05/20(Tue) 23:28 No.22   HomePage

トークイベント付き試写会 募集及び開催告知のお願い

『不都合な真実』『ダーウィンの悪夢』『いのちの食べかた』につづく、
私たちが今生きている世界についての衝撃のドキュメンタリー!

                          公開記念
写真家エドワード・バ−ティンスキーによるトークイベント+試写会
主催、提供:カフェグルーヴ、ムヴィオラ
■ゲスト:エドワード・バ−ティンスキー
■日程:2008年6月12日(木)開場18:00開映18:30
 *18:30〜映画上映+トーク 〜終了予定20:40
■会場:科学技術館サイエンスホール 東京都千代田区北の丸公園2-1
   東京メトロ東西線、半蔵門線、都営地下鉄新宿線
   「竹橋」駅下車(1b出口) 徒歩7分、「九段下」駅下車(2番出口) 徒歩7分

10組20名様をご招待いたします。

住所・氏名・年齢・電話番号を明記して下記宛先までご応募ください。
応募先: 御社編集部または、ムヴィオラ「いまここ・環境TV」係
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-1-302

いま中国で何が起こっているのか。想像を絶するこの光景……
これは“地球の壊されかた”か、それとも“人類繁栄の足あと”か。
人類の発展、すなわち産業によって極端に変化した風景を撮り続けるシリーズ「マニュファクチャード・ランドスケープ(産業の風景)」で国際的に知られ、地球の未来に貢献する人物としても、いま大きな注目を浴びている写真家エドワード・バーティンスキー。真っ赤に汚染された川、異常に巨大な工場の内部、果てしなく続く瓦礫の山……その写真は残酷なまでに美しい。
バ−ティンスキーが中国を訪れ、メディアが立ち入れない生産の現場を含む驚くべき産業の風景を撮影する姿を追った驚愕のドキュメンタリー、いよいよ日本上陸。この映画の公開を記念して、本作の主演であるバ−ティンスキー氏によるスライド&トークと試写会を開催いたします。

エドワード・バーティンスキー  Edward Burtynsky
1955年カナダ、オンタリオに生まれる。カナダで最も尊敬される写真家の一人。
2005年には、世界をより良く変える科学者やアーティストに与えられるTED(Technology, Entertainment and Design)賞を、U2のボノ、科学者のロバート・フィッシェルとともに受賞。写真家としての評価と共に、地球の未来に貢献する人物としても、大きな注目を浴びている。

『いま ここにある風景』
エドワード・バ−ティンスキー:マニュファクチャード・ランドスケープ「CHINA」より
東京都写真美術館ホール、シアター・イメージフォーラムにて7/12よりロードショー!
大阪・テアトル梅田7/26よりほか全国順次公開
宣伝・配給お問合せ:ムヴィオラ 
TEL.03-5366-1545 FAX.03-5366-1546 moviola@garnet.dti.ne.jp

トップ画像COPYRIGHT EDWARD BURTYNSKY



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -