エコインフォメーション環境掲示板
環境やエコに関する情報や催事・イベント等の環境掲示板です!
会員制公開掲示板(登録済み投稿者名のみが投稿可能)
掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください。

会員登録・退会が簡単な会員制環境掲示板です。
環境掲示板に掲載したい方は、新規会員登録が必要です。
新規会員登録の希望者は、メールで「投稿者名や団体名と登録メールアドレス」を送って下さい。
管理者より会員登録設定後メールで「修正キー」をお知らせいたします、その後投稿下さい。


[HOME] [新規投稿] [新着] [目次] [ワード検索] [管理用]

・・・画像は管理者が許可するまで「しばらくおまちください」のアイコンが表示されます・・・
「Norton Internet Security」をご利用の方はこちらの設定で画像が表示します


【2/1関西】APEXセミナー「変化するアジア社会とNG...  投稿者: 特定非営利活動法人APEX 投稿日:2015/01/09(Fri) 20:20 No.219   HomePage

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2015/2/1(日) 第38回 関西APEXセミナー
 「変化するアジア社会とNGOの新しい役割」
 主催:特定非営利活動法人 APEX (Asian People’s Exchange)
 詳細URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semiosaka.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 アジア社会は今、大きく変わろうとしています。急速な経済発展や社会構造
 の変化が人々の暮らしを否応なく変えていく中で、国際協力活動もまた変革
 を迫られています。NGOはその存在意義をどこに見出し、役割を果たしてい
 くのでしょうか。

 今回の関西APEXセミナーは、アジアでの国際協力活動に長年携わってこら
 れた秦辰也さんをお迎えして、近年のアジア社会の多様な流れや変化をふま
 え、そこにおけるNGO活動の役割や、さまざまなセクター間の協働・連携
 の在り方を、これまでのNGO活動の経験も織り込んでお話しいただきます。
 国際協力活動に携わっている・興味がある方、アジア社会の今を知りたい方
 など、多数のお越しをお待ちしています。

 <講師プロフィール>
 秦 辰也 (ハタ タツヤ)
 近畿大学総合社会学部教授
 1959年生まれ。1984年から曹洞宗国際ボランティア会(SVA / 現(公
 社)シャンティ国際ボランティア会)に参加し、カンボジアやラオス、ミ
 ャンマー(ビルマ)難民、タイの山岳少数民族、バンコクの都市スラムな
 どを対象として活動。SVAバンコク事務所長、アジア地域事務所長、事務
 局長、専務理事などを経て、2008年4月より近畿大学にて勤務。博士(工学)。

 著書:「バンコクの熱い季節」(岩波同時代ライブラリー、アジア・太平
    洋賞特別賞)、「体験するアジア」(明石書店)、「ボランティア
    の考え方」(岩波ジュニア新書)、「タイ都市スラムの参加型まち
    づくり研究」(明石書店)、「アジアの市民社会とNGO」(晃洋
    書房)など

──────────────────────────────────┐
◆日時
──────────────────────────────────┘
 2015年 2月1日(日) 14:00〜16:00 (13:30受付開始)
──────────────────────────────────┐
◆会場
──────────────────────────────────┘
大阪市立総合生涯学習センター 5階 第3研修室
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階
TEL:06-6345-5000
【地下鉄】御堂筋線・梅田/四つ橋線・西梅田/谷町線・東梅田
【JR】大阪駅/東西線・北新地駅
【私鉄】阪神電車・梅田/阪急電車・梅田
http://osakademanabu.com/umeda/?page_id=4970
──────────────────────────────────┐
◆参加費
──────────────────────────────────┘
 APEX会員:300円/非会員:800円
──────────────────────────────────┐
◆定員
──────────────────────────────────┘
 36名
──────────────────────────────────┐
◆お申し込み
──────────────────────────────────┘
 以下サイトにリンクのセミナー申し込み用フォームから参加登録されるか、
 http://www.apex-ngo.org/kokunai/semiosaka.html
 メール、電話またはFAXで、第38回関西セミナー参加希望と明記の上、
 お名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
──────────────────────────────────┐
◆お問い合せ/お申し込み先
──────────────────────────────────┘
 特定非営利活動法人APEX (担当:塩原)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org


講演会 生物多様性の一端を知る!聴く!語る!'絶滅危...  投稿者: NACS-J 投稿日:2014/12/10(Wed) 17:38 No.218   HomePage

生物多様性講演会
生物多様性の一端を知る!聴く!語る!
"絶滅危惧種 vs 特定外来生物"

目的
1 今年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで、「ニホン
  ウナギ」が絶滅危惧種に指定された。 乱獲が問題という報道が
  多く、漁獲制限だけで問題が解決できるのか、ウナギの生態を
  知るところから、減少を食い止めるためには、どうしたらいい
  のか?   皆で考えるきっかけとしたい。
2 この数年、琵琶湖では、水草「オオバナミズキンバイ」(今年、
  特定外来生物に指定)が大繁殖し、人力の駆除では追いつかず、
  重機を投入するほど大問題となっている。そういったことから、
  いつ淀川に流れてきてもおかしくない状況である。最近の外来
  種問題含めて話を伺い、生物多様性とは?を考える。

日時:2015年2月1日(日) 午後1時から5時(12時半より受付開始)
参加費無料<事前申込、先着50名>
場所:大阪府環境情報プラザ・研修室
   http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/shisetsu/plaza/access/
   大阪市東成区中道1丁目3-62

プログラム
*講演(各70分。質疑応答等30分。)
1 テーマ「ウナギ 身近でおいしい絶滅危惧種」
  講師 和歌山県立自然博物館  揖善継氏
2 テーマ「オオバナミズキンバイなど外来種の最近の話題」
  講師 琵琶湖博物館/滋賀県自然環境保全課  中井克樹氏

申込み&お問いあわせ 申込み(メールのみ)
件名「講演会参加」とし、氏名、住所(市、連絡先町村名まで)、
あれば所属などを明記し、メールでお申し込み下さい。

申込みメール宛先 (NACS-J 自然観察指導員大阪連絡会)
E-Mail:bd@jinenjo.org

主催:NACS-J自然観察指導員大阪連絡会
共催:公益社団法人 大阪自然環境保全協会
   国土交通省淀川管内 河川レンジャー 石山郁慧
協賛:大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」
後援:公益財団法人 日本自然保護協会 (NACS-J)

*チラシは、PDFとして、下記サイトからダウンロードできます。
http://www.jinenjo.org/

(追加画像がありましたので管理者の許可をお待ちください)



第十回「外来魚情報交換会」  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2014/11/14(Fri) 00:07 No.217   HomePage

第十回「外来魚情報交換会」
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2015/exchange15a.html

開催日:2015年1月24日(土)・25日(日)
受付:(24日)12:00〜13:00
(25日)9:00〜9:30
開催時間:(24日)13:00〜18:00
(25日)9:30〜13:00
※時間帯は発表数によって変更する場合があります。
懇親会:(24日)18:30〜

会場:草津市市民交流プラザ大会議室(JR琵琶湖線「南草津駅」前)←会場が昨年までと違います!
滋賀県草津市野路1-15-5フェリエ南草津5階
周辺地図はこちら
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/sisetsuannai/community/shiminkoryuplaza/plaza_kasikan.files/map.pdf
会場のある建物(フェリエ南草津)はJR南草津駅東口と連絡通路で直接繋がっています。
建物内のエスカレータでは5階まで上れませんので会場へはエレベータをご利用下さい。

テーマ:外来魚防除に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚の防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来魚防除に対する意識と知識を高め、お互い
の連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業
者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同
じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:24日(土)
12:00〜12:55受付
12:55〜13:00開会
13:00〜18:00情報発表
18:30〜懇親会

25日(日)
9:00〜9:30受付
9:30〜13:00情報発表
13:00閉会
※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会
共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後援:滋賀県(予定)
協力:環境再生保全機構地球環境基金

定員:外来魚情報交換会:先着100名
参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:500円)
懇親会:4000円(予定)
参加資格:なし
参加申込み:※事前申し込みが必要です。

問合せ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp

第十回「外来魚情報交換会」募集要項
下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。

参加者名:
ふりがな:
所属:※あればで結構です
連絡先:(住所)
(電話)
(メール)
情報交換会:両日とも参加・24日のみ参加・25日のみ参加
発表:発表する・発表しない
発表する場合のテーマ「」
※発表テーマは“外来魚”(国内移入種も含む)に関するものに限ります。
懇親会:参加する・参加しない


◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆参加者は会場の都合により先着100名で締め切らせていただきます。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

申し込み先:琵琶湖を戻す会事務局
       masahiko.takada@nifty.ne.jp
あるいは
琵琶湖を戻す会広報 ZXA00545@nifty.ne.jp


ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第十回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙
PDFファイル版exchange2015a.pdfSIZE:218KB
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2015/photo/exchange2015a.pdf
Wordファイル版exchange2015a.docSIZE:43KB※申込用紙のみ
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2015/photo/exchange2015a.doc
ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html


【11/30】「現場から立ち上がる環境倫理―二項対立図...  投稿者: 特定非営利活動法人APEX 投稿日:2014/11/11(Tue) 17:27 No.216   HomePage

第183回APEXセミナー「現場から立ち上がる環境倫理―二項対立図式を超えて」

 地球温暖化をはじめとして、環境問題は国際社会のなかでも重要な問題として共通に認識され、国際協力の場面においても、単に経済的な豊かさを求めるだけではなく、だれもが「環境」を考えなくてはならなくなってきています。意識改革も含め、いかに全人類的に環境問題に取り組むことができるか、という大きな課題にを目の前に、普遍的に守るべき規範としての「環境倫理」が必要とされています。

 これまで「環境問題」は、例えば大規模開発の問題では「開発か保護か」、あるいは「経済か環境か」というように、一般的に二項対立図式の中で語られてきました。このような図式は、どちらかを優先することでもう一方が犠牲になるというようなトレードオフを引き起こし、それが環境に関する社会的なジレンマとなっています。

 本セミナーでは、フィールドワークを通した、実践的で新しい「環境倫理学」を提唱している鬼頭氏にご登壇いただきます。「環境問題」が二項対立図式的に理解されることの不適切さと、それを乗り越える「環境倫理」について、「遊び仕事」などの概念とともに、現場のお話を交えてご講演いただきます。

【日時】 2014年11月30日 (日)  14:30〜17:15 (14:15受付開始)

【会場】
早稲田奉仕園 奉仕園会館内 You-Iホール
〒169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1 Tel:03-3205-5411

○会場アクセス
東京メトロ 東西線  「早稲田」  出口2/3b 徒歩5分
東京メトロ 副都心線 「西早稲田」 出口2   徒歩8分

○地図 http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

【参加費】 APEX会員:300円、一般:800円

【定員】 38名

【お問合せ先】
特定非営利活動法人APEX (担当:塩原)
住所:〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
HP:http://www.apex-ngo.org/

【申込方法】
下記URLの詳細ページから申込フォームを送信いただくか、事務局に直接お問合せください。
http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html

【講師プロフィール】
鬼頭 秀一 氏 (きとう しゅういち)
星槎大学教授、東京大学名誉教授

東京大学大学院理学系研究科(科学史・科学基礎論)博士課程単位取得退学。
現場でのフィールドワーク(社会学的調査)を踏まえて環境にかかわる理念に関する研究を行っている。著書に、『自然保護を問いなおす―環境倫理とネットワーク』 (ちくま新書 1996年)、『環境倫理学』(共著、東京大学出版会 2009年)、『自然再生のための生物多様性モニタリング』(共著、東京大学出版会 2007)など多数。



2014年10月25日(土)開催 湘南国際村アカデミア”カ...  投稿者: 地球環境戦略研究機関 投稿日:2014/10/15(Wed) 17:23 No.215   HomePage

カフェ・インテグラルは、湘南国際村の多様な分野の研究者を講師に招き、社会の営みや人間〈生命・生活〉、科学、平和などについて、現択と将来像を見通す多角的・総合的な視点を養うカフェ形式の講演会です。

今年度は研究者の社会的役割について、ともに考えてみたいと思います。

IGESの持続可能な社会のための政策統合(IPSS)領域タスクマネージャー 主任研究員の吉田哲郎研究員が講演致します。UNHCR勤務時に赴任したキプロス、フランス、スイス、コンゴ民主共和国、南アフリカなどで得た知見を活かした報告を予定しております。

日 時:2014年10月25日(土)13:30−16:00(13:15開場)
場 所:湘南国際村センター(葉山町)1階・展示室
主 催:(公財)かながわ国際交流財団、 神奈川県
言 語:日本語のみ
参加費:500円(ソフトドリンク・お菓子代として)
定 員:40名(※事前申込制 申込多数の場合抽選・高校生以下優先枠あり)
申込み締切:2014年10月24日(金)
関連リンク:http://www.kifjp.org/news_gakujutu/1433

■お問い合わせ
(公財)かながわ国際交流財団
湘南国際村学術研究センター(担当 佐々木・清水)
Tel: 046-855-1821 Fax: 046-858-1210
E-mail: academia@ kifjp.org


eco japan cup 2014 環境ビジネス/エコまちづくり 1...  投稿者: eco japan cup 投稿日:2014/10/09(Thu) 19:39 No.214   HomePage

10月16日(木)まで、ビジネス部門環境ビジネス・ベンチャーオープンとライフスタイル部門エコまちづくりを追加募集します!
www.eco-japan-cup.com


★☆ビジネス・ベンチャーオープン&まちづくり追加募集!★☆

■応募受付〆切:10月16日(木)まで

■応募方法:
ホームページより参加登録フォームに記入の上、所定の応募用紙から必要項目の記入をお願いします。

各カテゴリーの応募要項は下記リンクをそれぞれご参照ください。
より多くの方々のご応募をお待ちしております!


■追加応募実施カテゴリー
(各URLの応募要項をご覧ください)
-------------------------------------------------------------------------

@eco japan cup:環境ビジネス・ベンチャーオープン
http://www.eco-japan-cup.com/contest/c-venture.html

個人事業主・NPOを含む中小企業、ベンチャー企業からの環境ビジネスプラン
★賞金:大賞 300万円、敢闘賞 100万円
★2次審査で専門家から事業アドバイスを受けられます

-------------------------------------------------------------------------

Aeco japan cup:みんなでつくる「エコまちづくり」
http://www.eco-japan-cup.com/contest/c-ecocity.html
多様な主体による環境活動で、まちを活性化する実践を募集

★賞金:大賞 30万円、奨励賞 10万円

-------------------------------------------------------------------------


【10/4】第182回APEXセミナー【アフリカの水・衛生問...  投稿者: 特定非営利活動法人APEX 投稿日:2014/09/25(Thu) 10:42 No.213   HomePage

第182回APEXセミナー「サヘル地域に適合的な循環型サニテーションシステムの構築」

途上国の水と衛生の問題は、貧困の問題とも密接に結びついています。それぞれの地域にふさわしく住民が受け入れやすい水供給と衛生システムをいかに構築し、普及させていくかは、たいへん重要な課題です。

本セミナーで講師にお招きする船水氏は、「集めない」「混ぜない」を基本コンセプトとして、アフリカのサヘル地域において、自然条件や住民のニーズをふまえた、現地に受け入れ可能な技術による水、衛生システムの開発に取り組んでおられます。講義では、船水氏の現地でのプロジェクトのご経験をもとに、技術を適正化・現地化していくプロセス・くふうや、現地の方とのかかわり方・協力の進め方、印象深かったことなどについて、ご講演いただきます。ふるってご参加ください。

【日時】
2014年10月4日(土) 14:30〜17:15 (14:15受付開始)

【講師】
船水 尚行氏 (北海道大学教授)

【会場】
JICA 地球ひろば(市ヶ谷ビル) セミナールーム202AB
〒162-8433  東京都新宿区市谷本村町10-5

【参加費】
APEX会員:300円、一般:800円

【アクセス】
JR中央線/総武線 東京メトロ有楽町線 都営新宿線/南北線「市ヶ谷」駅 下車 徒歩10分

【地図】
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

【詳細・お申込み】
http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html

【お申込み・お問い合せ】
特定非営利活動法人 APEX 
〒110-0003台東区根岸1-5-12井上ビル
TEL:03-3875-9286 FAX:03-3875-9306


琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除...  投稿者: 琵琶湖を戻す会 投稿日:2014/09/18(Thu) 13:29 No.212   HomePage

九月七日の駆除大会の結果は以下の通りでした。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2014-09-07/2014-09-07b.html
参加者77名(新規参加:45名)、東京、千葉、静岡、滋賀、京都、大阪、奈良、兵庫より参加。
駆除重量 : 34.6kg
ご参加、ご協力下さった方々、ありがとうございました。

続きまして本年度最後の外来魚駆除大会のお知らせです。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2014-10-12/2014-10-12a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日:2014年10月12日(日)・・・ 雨天決行
時間:10:00〜15:00
※随時参加・随時解散といたします

受付:滋賀県草津市津田江1北湖岸緑地 ※旧志那中湖岸緑地
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/tsudae/tsudae.html

交通:■車の場合
 瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し、
 琵琶湖博物館の手前約1kmに湖岸緑地パーキング有り。
■公共交通機関の場合
 JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
 終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
※団体で参加される場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。
 
駆除方法:エサ釣り
持ち物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方は
サンプル図
http://homepage2.nifty.com/mugituku/photo/sikake.gif
を参考にして下さい。

昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)
お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。

主催:琵琶湖を戻す会 

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/shikumi/about.html

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -